連載
» 2006年02月25日 00時00分 UPDATE

CoolなEclipseプラグイン(10):スクリプト言語をサポートするEclipseプラグイン (1/3)

[岡本隆史,NTTデータ 基盤システム事業本部]

 Eclipseは主にJavaアプリケーションの開発に利用されますが、Eclipse自身はJavaに特化した開発環境というわけではなく、プラグインによりC/C++、Perl、Ruby等のほかの言語にも対応することができます。今回はその中でもPerlをサポートするEPIC、RubyをサポートするRDT、PythonをサポートするPyDevをご紹介します。

1.EPIC(Eclipse Perl Integration)プラグイン

 EPIC(Eclipse Perl Integration)プラグインは、Eclipse上でPerlのプログラムを開発するためのプラグインです。文法チェック、コードアシスト、perldocサポート、コードフォーマッタ、テンプレート、アプリケーションの実行をサポートしています。

■入手方法

 次のアップデートサイトからプラグインをインストールします。

■使い方

・準備
 EPICを利用するには、Perlの実行環境とPadWalkerをインストールする必要があります。Windowsの場合は、ActivePerlとCygwinのPerlを利用することができます。ここでは、Windows上でActivePerlを利用します。まず、ActivePerlとPadWalkerを下記のサイトからダウンロードし、インストールします。

 PadWalkerは、アーカイブを解凍し、Active Perlのインストールディレクトリ(例えばC:\Perl)にコピーします。

 次にインタプリタの設定を行います。Eclipseのメニューの[ウィンドウ]→[設定]から[Perl EPIC]を選択し[Perl executable]にperlコマンドのパスを設定します(図1)。

図1 EPICの設定画面 図1 EPICの設定画面

・プロジェクトの作成
 Eclipseのメニューの[ファイル]→[新規]→[プロジェクト]→から[Perl/Perl Project]を選択し、Perlプロジェクトを作成します(図2)。

図2 プロジェクト作成画面 図2 プロジェクト作成画面

・ファイルの作成
 Eclipseのメニューから[ファイル]→[新規]→[ファイル]を選択し、拡張子がplのファイルを作成し、Perlのコードを記述します。JDTと同じように変数の補完を行うことができます(図3)。

図3 Perlスクリプトの編集画面 図3 Perlスクリプトの編集画面

・スクリプトの実行
 Eclipseのメニューの[実行]→[構成及び実行]を選択し、左のツリーの[Perl Local]を右クリックし[新規]を選択します。ConfigurationタブでPerlプロジェクトと実行するスクリプトを選択します。コマンドパラメータがあれば、Command Parameters欄に入力します(図4)。

図4 構成および実行画面 図4 構成および実行画面

 実行ボタンを押すと、プログラムの実行結果がコンソールビューに表示されます。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。