連載
» 2006年03月09日 00時00分 公開

Windows Server 2003 R2レビュー:第2回 実用的になったディスク・クォータ機能 (1/3)

R2のクォータ機能では、従来のようなユーザーアカウントごとではなく、フォルダごとに制限をかけることができるようになった。

[打越浩幸,デジタルアドバンテージ]
特集
Windows Server Insider


「特集」のインデックス

連載目次


 Windows Server 2003 R2では、新しく「ファイル サーバー リソース マネージャ(以下FSRM)」という機能が導入された。FSRMは、ファイル・サーバの管理を効率化するために用意されたツール・スイートであり、改善されたクォータ機能やファイルのスクリーニング機能、サーバの利用状況をまとめるレポート機能などが含まれる。管理者はこれらの機能を活用することにより、従来は困難であった、ユーザーごとの使用量の制限やサーバ・リソースの利用状況の把握などが容易になる。今回は、FSRMの機能のうち、クォータ機能についてみていこう。

 FSRMはデフォルトではインストールされていないので、最初にこれをインストールする。このためにはまず[サーバーの役割管理]ツールで[役割を追加または削除する]を実行し、[サーバーの構成ウィザード]を起動する。そして[ファイル サーバー]を選択して[次へ]をクリックし、インストールを行う。この[ファイル サーバー]コンポーネントにはクォータ機能だけでなく、DFS機能やSAN用記憶域マネージャ、NFSサービス、Macintoshファイル・サービスなども含まれるので、必要に応じてこれらもインストールしておく。

FSRM関連機能のインストール
クォータやフィルタ、レポート機能などを利用するためには、最初にインストールする必要がある。[サーバーの役割管理]ツールで[役割を追加または削除する]を実行し、この[サーバーの構成ウィザード]を起動する。そして[ファイル サーバー]をインストールする。
 (1)クォータ機能を利用するためには、これを選択する。
 (2)これをクリックして、インストールを行う。

 [ファイル サーバー]コンポーネントをインストールすると、[管理ツール]メニューに新しく[ファイル サーバー リソース マネージャ]と[ファイル サーバーの管理]という2つのツールがインストールされる。以下の画面は[ファイル サーバーの管理]ツールのものであり、このツールを利用すると、クォータだけでなく、ディスク・ボリュームの管理やDFS/共有フォルダの管理なども行える。また、シナリオ別に作業の一覧やヘルプなどが表示されるので、使いやすくなっている。ただしクォータの管理部分は双方とも同じなので(同じMMCスナップインをロードしている)、どちらを使ってもよい。

ファイル・サーバの管理ツール
これは[ファイル サーバーの管理]ツールの例。ファイル・サーバやディスク、共有フォルダなどに関する機能をすべて1つにまとめ、さらに操作ガイドやヘルプなどを集約している。
 (1)クォータの管理はこの[ファイル サーバー リソース マネージャ]で行う。
 (2)シナリオ別の作業手順の表示。
 (3)クォータ管理のヘルプの表示。
 (4)利用できるヘルプ一覧。
 (5)MMC 3.0で新しく導入された[操作]パネル。コンテキストに応じて、現在実行できる作業の一覧が表示される。


       1|2|3 次のページへ

Copyright© 1999-2018 Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。