連載
» 2006年06月13日 00時00分 公開

SQL Server 2005を使いこなそう(5):SQL CLRコーディング、最初の一歩 (1/3)

5年ぶりのメジャーバージョンアップとなったSQL Server 2005。本連載では、SQL Server 2005への移行を検討しているデータベース管理者に向け、新規に実装されたさまざまな機能の詳細を紹介していく。(編集局)

[石橋潤一,株式会社システムインテグレータ]

主な内容

--Page 1--

SQL CLRを有効にする

Visual Studio 2005によるSQL CLRの作成

--Page 2--

SQL CLRによるストアドプロシージャ作成

SQL CLRの配置と実行

--Page 3--

SQL CLRのデバッグ

SQL CLRによるユーザー定義関数の作成

まとめ


 前回「SQL CLRの仕組みとメリットを理解しよう」で紹介したSQL CLRの基本情報に続き、今回はSQL CLRの基本的なコーディング手法を紹介したいと思います。

 SQL CLRはVB.NETやC#など慣れ親しんだ言語での開発が可能なため、言語を新しく覚える苦労はありません。今回紹介するいくつかのサンプルに目を通せば、基本的な動きがすぐに理解できるはずです。

SQL CLRを有効にする

 SQL Server 2005では「デフォルトセキュア」の思想が掲げられ、デフォルト(既定)ではセキュリティが最も厳しい状態となっています。このためSQL CLRは既定で無効となっており、これを有効にする必要があります。

 スタートメニューから「Microsoft SQL Server 2005」-「構成ツール」より「SQL Serverセキュリティ構成」を実行します(図1)。

図1 SQL Serverセキュリティ構成 図1 SQL Serverセキュリティ構成
画面下の「機能のセキュリティ構成」のリンクをクリックする。(画像をクリックすると拡大します)

 「SQL Serverセキュリティ構成」は、SQL Server本体やIntegration Servicesなど各サービスの開始や停止、SQL CLRなど各種機能の有効化/無効化を行うことができます。図1の「機能のセキュリティ構成」をクリックし、「機能のセキュリティ構成」の画面でCLR統合を有効としてください(図2)。

図2 機能のセキュリティ構成 図2 機能のセキュリティ構成
画面左側のコンポーネントから「CLR統合」を選択し、「CLR統合を有効にする」にチェックを入れる。(画像をクリックすると拡大します)

 SQL CLRは直接コマンドを発行して有効にすることも可能です。コマンドで有効にする場合は、Management Studioからリスト1のSQLコマンドを発行します。

sp_configure 'clr enabled', 1
GO
RECONFIGURE
GO
リスト1 SQLコマンドによるSQL CLRの有効化

Visual Studio 2005によるSQL CLRの作成

 SQL CLRが有効となったところで、早速Visual Studio 2005でSQL CLRを作成してみましょう。Visual Studio 2005はSQL Server 2005と密接な統合が図られているとともに、SQL CLRを完全にサポートしています。コードの作成からSQL Serverへの登録、テストまで一通りの作業をVisual Studio 2005で行うことができます。

 Visual Studio 2005では、SQL CLRの作成用に専用のプロジェクトテンプレートが用意されています。「プロジェクトの種類」から「データベース」を選択し「SQL Serverプロジェクト」テンプレートを指定します。今回はC#でコーディングを行うので、言語はVisual C#を選択しています(図3)。

図3 Visual Studio 2005でSQL CLR用のプロジェクトを作成 図3 Visual Studio 2005でSQL CLR用のプロジェクトを作成
「プロジェクトの種類」で「データベース」を選び、「Visual Studioにインストールされたテンプレート」から「SQL Serverプロジェクト」を選択する。(画像をクリックすると拡大します)

 プロジェクトを作成すると、接続先となるSQL Serverを指定するために「新しいデータベース参照」ダイアログが表示されます。SQL Server 2005をインストールしたマシンの名前と認証方法、利用データベースを指定してください。ここでは、SQL Server 2005のサンプルデータベースである「AdventureWorks」を利用します(図4)。

図4 新しいデータベース参照 図4 新しいデータベース参照
SQL Server 2005のインストール時に、AdventureWorksのインストールを行わなかった場合は、「プログラムの追加と削除」の「Microsoft SQL Server 2005」でAdventureWorksを追加インストールできます。
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。