連載
» 2006年07月04日 00時00分 UPDATE

5分でネットがわかるシリーズ(1):Web更新情報が手軽にとれるRSS (2/5)

[江原顕雄,@IT]

RSSを利用するための2つの要素、リーダーとサイトRSS情報

 RSSを使うためには、次の2つが必要です。

 1つ目は「RSSリーダー」や「フィードリーダー」と呼ばれるツールやサービスです。音楽データや動画を再生するときに専用のプレーヤが必要なように、RSSの文章を閲覧するにも専用のプレーヤが必要なのです。

画面2-1 アプリケーション型RSSリーダーの「goo RSSリーダー」(http://reader.goo.ne.jp/)。登録ブログの自動更新や要約した文章を素早くチェックできる。 画面2-1 アプリケーション型RSSリーダーの「goo RSSリーダー」(http://reader.goo.ne.jp/)。登録ブログの自動更新や要約した文章を素早くチェックできる。

 RSSリーダーには、プログラムを入手しクライアントマシンにダウンロード・インストールして使用するものと(アプリケーション型)、Web上にアカウントを作成し、Web上から各サイトの更新をチェックできるもの(Webサービス型)があります。

画面2-2 Webサービス型の「はてなRSS」(http://r.hatena.ne.jp/)。Web上で動くの、職場・自宅で使ってもデータの同期をしなくても大丈夫なので便利 画面2-2 Webサービス型の「はてなRSS」(http://r.hatena.ne.jp/)。Web上で動くの、職場・自宅で使ってもデータの同期をしなくても大丈夫なので便利

 またプラグインを使って、Webブラウザーやメーラーを「RSSリーダー」に変身させてしまうものもあります(*3)。

*3 現在β版のInternet Explorer 7や最新版のOpera 9は、デフォルトでRSSリーダー機能を搭載しています。


画面2-3 ブラウザーのFirefoxもプラグインを導入すれば、このようにRSSリーダーに速変わり。FirefoxにはいつくからのRSSプラグインが出ているが、画面は「Sage」(http://sage.mozdev.org/)を使用した例 画面2-3 ブラウザーのFirefoxもプラグインを導入すれば、このようにRSSリーダーに速変わり。FirefoxにはいつくからのRSSプラグインが出ているが、画面は「Sage」(http://sage.mozdev.org/)を使用した例

 いろいろなサービスやソフト・プラグインがリリースされていますが、無料で利用できるものがほとんどです。

 2つ目は「RSS」に対応したWebサイトです。Webページは「HTML」という言語で書かれており、HTMLをブラウザーが解釈して閲覧することができます。同様にRSSは「XML」という言語をベースにしたフォーマットで書かれており、それをRSSリーダーが読み込んで、表示をするのです。

画面2-4 @ITのRSSフィード登録画面(http://www.atmarkit.co.jp/aboutus/rss/rss.html)。各種バージョンのRSSに対応している 画面2-4 @ITのRSSフィード登録画面(http://www.atmarkit.co.jp/aboutus/rss/rss.html)。各種バージョンのRSSに対応している

 ニュースサイトや商業系のWebサイトの多くは、HTMLとは別に「RSS」文章を配信しています。また、ブログサービスではHTML作成時に自動的にRSSを作ってくれるものがほとんどです。余談になりますが、ブログサービスがここまで普及した要因として、ブログサイトはデフォルトでRSSに対応している点が挙げられます。

 Webサイトやブログで「RSS」や「XML」と書かれたアイコンを見たことがある人も多いと思います。このアイコンのリンク先にWebの更新データを要約した(=フィード情報)「RSS」文章が存在します。先ほど説明した「RSSリーダー」にこのフィード情報を登録し、更新のチェックを行います。

画面2-5 ライブドアブログの新着ブログ欄。右上に見えるのがRSSのアイコン 画面2-5 ライブドアブログの新着ブログ欄。右上に見えるのがRSSのアイコン

 しかし、すべてのWebサイトが「RSS」文章で配布されているわけではないので、対応していないサイトではRSSリーダーを使ったWebの更新チェックはできません。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。