連載
» 2006年12月28日 00時00分 UPDATE

CoolなEclipseプラグイン(14):軽量なUMLプラグインAmaterasUML (1/4)

 Eclipseで利用できるUMLプラグインはいくつかありますが、現在よく利用されているものは、機能が豊富過ぎてプラグインの動作が重くなったり、軽量だけど機能が不足していたりします。今回は、現場で必要な機能を絞って提供して軽量な動作を実現しているUMLプラグインAmaterasUMLをご紹介します。

[志田隆弘, 岡本隆史,NTTデータ先端技術/NTTデータ]
編集部注UMLモデリングそのものについて詳しく知りたい読者は、@IT情報マネジメント アーキテクチャの連載「【改訂版】初歩のUML」「ここから始めるオブジェクト指向」「Javaオブジェクトモデリング」などを参照してください。

Eclipseを使ったUMLモデリングには、どれを使うべきか?

 今日、アプリケーション開発において、UMLモデリングツールはアプリケーションの要件を引き出す要件/分析モデリングから、アプリケーションの設計/実装/テストにおける設計モデリングまで、多くの場面で利用されています。特に設計におけるモデリングの重要性は、誰しもが認めることでしょう。

 UMLモデリングプラグインを導入することで、EclipseでもUMLモデリングができるようになります。UMLモデリングプラグインはさまざまなベンダや有志開発者が開発していますが、大別すると次の3つに分けられます。

1.機能が豊富で、ソフトウェア開発全般をサポートするモデリングプラグイン

 多くの場合、このカテゴリに分類されるプラグインは、もともと独立したUMLモデリングツールとして開発されていたものをEclipseに統合したものです。有名なものにBorland TogetherMagicDraw UMLSDE for Eclipseがあります。

 これらのツールはほぼすべてのUML図をサポートし、さまざまな言語へのフォワード/リバースエンジニアリングに対応し、また強力なレポート機能を備えています。

2.ソフトウェア開発のコーディングフェイズに注力したモデリングプラグイン

 すべてのUML図には対応していなかったり、フォワード/リバースエンジニアリングの機能がJavaだけにしか対応していなかったりしますが、比較的安価で入手することができ、かつEclipseで利用しやすいようにさまざまな工夫が施されています。

 例えば、クラスモデルの作成がそのままJavaクラスの作成と同期したり、Eclipseのビルダーとして実装され、ファイル保存時に自動的にクラス図を生成したりするものもあります。代表的なものにOmondo EclipseUMLLightUMLApollo for Eclipseなどがあります。

編集部注Omondo EclipseUMLについて詳しく知りたい読者は、連載「Eclipse徹底活用」の第2回「Eclipseをモデリングツールに活用しよう」を参照してください。

3.スケッチとしてUMLを記述できるモデリングプラグイン

 UMLをコミュニケーションを円滑に進めるための道具ととらえて、簡単に図を記述するという点に工夫を凝らしたプラグインです。リバースエンジニアリングやフォワードエンジニアリングができない代わりに、UMLのメタモデルにとらわれない自由な記述が可能であったり、軽快に動作したりします。有名なものにUMLetViolet UML Editorがあります。

まとめ

 UMLモデリングプラグインといってもさまざまです。UMLをそのまま設計情報として利用するのであれば、レポート出力機能の付いたベンダ製のプラグインが適しているでしょうし、コーディングした結果を可視化する、といった目的でUMLを利用するのであれば、強力なリバースエンジニアリングの機能を持ったプラグインを利用することをお勧めします。また、設計書に添付する図としてUMLを利用するのであれば、スケッチベースのUMLツールが便利でしょう。プロジェクトの要件やフェイズに合わせて、適材適所でプラグインを選定していくとよいと思います。

AmaterasUMLでできることとは?

 今回紹介するAmaterasUMLプラグインは、上記3のようにスケッチとしてUMLを記述することに主眼を置きつつ、簡易なフォワード/リバースエンジニアリング機能を提供します。AmaterasUMLは、次の機能を提供します。

  1. クラス図の記述
    クラス図を作成できます
  2. シーケンス図の記述
    シーケンス図を作成できます
  3. ユースケース図の記述
    ユースケース図を作成できます。ユースケースのイラストを変更する機能があり、ユースケース図をより分かりやすくできます
  4. Javaクラスの簡易リバースエンジニアリング機能
    Javaクラスから、クラス図を作成できます
  5. Javaクラスのフォワードエンジニアリング機能
    クラス図から、Javaクラスを生成できます
  6. 簡易メソッド/フィールド入力機能
    クラス図やシーケンス図で直接メソッドやフィールドの入力ができます。また、入力した文字列をパースして自動的にメソッドの戻り値や引数を判別します
  7. シーケンスメッセージ補完機能
    指定したJavaクラスや、クラス図で定義したクラスモデルからシーケンス図で利用するメッセージの候補を抽出します
  8. UML 2.0形式のインポート/エクスポート(拡張機能)
    UML 2.0はEclipse Foundation UML 2.0プロジェクトで定義されたUMLメタモデルです。UML 2.0自体はツリーエディタ等で編集するエディタしかないため、各種ベンダがUML 2.0に対応したモデリングツールを作成しています。AmaterasUMLでは、Eclipse UML 2.0形式のファイルのインポートとエクスポートに対応し、ツール間での図の交換をサポートします

 AmaterasUMLは、UMLのダイヤグラムの中で、クラス図、シーケンス図、ユースケース図にのみ対応しています。

AmaterasUMLをインストールしよう

 AmaterasUMLはこちらから入手してください。入手したアーカイブを解凍し、出てきたjarファイルをEclipseのプラグインフォルダにコピーすれば、インストールは完了です。

 また、AmaterasUMLの動作にはGEF(Graphical Editing Framework)も必要です。もし、インストールされていないようでしたら、Callistoを使ってインストールするか、gef project downloadsからダウンロードしてインストールしてください。対応するGEFのバージョンは3.1以降になります。

編集部注Callistoについて詳しく知りたい読者は、便利なプラグインの集大成MyEclipseのコラム『Eclipse Callistoについて』を参照してください。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。