連載
» 2007年03月13日 00時00分 公開

5分でネットがわかるシリーズ(10):巨人の力を使っちゃえ!Web APIを使えば、あなたの夢も一発で実現 (3/5)

[江原顕雄,@IT]

Web APIで遊んでみよう

 ここでは、実際にWeb APIを利用してみましょう。Web APIをバリバリと利用するには、それなりにプログラミングの知識が必要です。が、まったく知識がなくてもある程度は利用することができるので、ここでは郵便番号検索APIを使って、Web APIを体験してみましょう。

  • ブラウザでアクセスをするだけでOK!?

 Web APIを利用するときはプログラムを利用すると前ページで書きました。が、お手軽にブラウザのみを使って、Web APIを利用することができます。

 郵便番号検索APIは、郵便番号から対応する住所を探し出してくれるサービスなのですが、ブラウザのアドレス欄に

http://zip.cgis.biz/xml/zip.php?zn=1000005

と打ち込んでみてください(上記はハイパーリンクにしたので、クリック一発でいきます)。

画面1 ブラウザのURL欄にこのように入力する 画面1 ブラウザのURL欄にこのように入力する

 これは、「郵便番号検索API」を使って日本郵政公社のデータベースにアクセスし、郵便番号「100-0005」の当該する住所を調べて、教えて!といったリクエストです。

 アクセスをするとブラウザの画面が変わって、以下のような画面が表示されるはずです。

画面2 Web APIがリクエストを返してくれた!感動の一瞬だが…… 画面2 Web APIがリクエストを返してくれた!感動の一瞬だが……

 いま、皆さんはWeb APIを体験しました。結果のデータはXMLといわれるもので、コンピュータにとってはとても分かりやすい形式なのですが、人間にはちょっと見づらい表示ですね。

 先ほどのリクエストの結果はXML形式で表示されましたが、これをCSV形式に変更することも簡単にできます。

http://zip.cgis.biz/csv/zip.php?zn=1000005

実際に利用するには

 郵便番号検索APIを提供しているサイトでは、これらのデータを使いやすくするためのPHPプログラムがサンプルとして提供されています。作者に感謝し、これを利用してみましょう。

 PHPを利用するには「PHPを動かす環境」が必要なので、このスクリプトのソースコードを以下からダウンロードして試してください。

 上記をクリックして出現するソースコードをPHPが実行できるサーバにアップして実行すると、以下の画面が出現します。

画面3 郵便番号を検索するWebページ 画面3 郵便番号を検索するWebページ

 この画面で「郵便番号(3けた+4けた)」の欄に調べたい郵便番号を入れて、「入力補助」というボタンを押してみましょう。

画面4 ボタンを押した結果。郵便番号に対応した住所が表示される 画面4 ボタンを押した結果。郵便番号に対応した住所が表示される

 そしたら、都道府県以下の住所が表示されるはずです。これも先ほど紹介した文字がずらずら〜と流れていた、XMLのデータを人間が見やすいようにPHPのプログラムが加工してくれました。

 Web API自体を利用するのは、そんなに難しくないですね。問題となるのは、それを利用するためのプログラミングを「作れるか?」どうかです。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。