連載
» 2007年03月23日 05時00分 UPDATE

Tech TIPS:WindowsでXPSドキュメントファイルを閲覧する

XPS(XML Paper Specification)はドキュメント配布用の文書ファイル・フォーマットだ。閲覧するには.NET Framework 3.0をインストールする。スタンドアロン版のXPSファイル・ビューアも用意されている。

[打越浩幸,デジタルアドバンテージ]
Tech TIPS
Windows Server Insider


「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象OS:Windows XP/Windows Vista/Windows Server 2003



解説

 最近マイクロソフトから提供される各種ドキュメント・ファイルとして、(従来の.DOCファイルに代わり).XPSという拡張子を持つファイルが見受けられるようになってきた。これはXPS形式で記述された、(主に読み取りのみ可能な)文書ドキュメント・ファイルのことである。.DOCはもともとはワープロ・アプリケーションのためのフォーマットであり、編集などを前提としない用途では、今後はXPS形式で配布されるドキュメントも増えると予想される(マイクロソフト以外が積極的にこのフォーマットを利用するかどうかは、やや疑問があるが)。

 XPSは、XML Paper Specificationの略であり、XMLベースのドキュメント・フォーマットのことを指す(開発コード名Metro)。Office 2007などで採用されているXMLベースの文書ドキュメント・フォーマットのようなものだと考えればよいだろうが、より正確には、Windows Vistaや.NET Framework 3.0で採用されているWPFアプリケーションで取り扱いやすいように設計されたドキュメント・フォーマットである(WPFで利用されるXAMLをベースに、ドキュメント・フォーマット用として仕様をまとめたもの)。非常にくだけた言い方をすれば、マイクロソフト版のPDF(Portable Document Format)、というところだろうか。仕様そのものはオープンになっており、以下のサイトからXPSの概要や関連ドキュメントなどを参照できる。

 XPSファイルを表示したり、作成したりするには、XPS用のツールを利用する必要があるが、とりあえず読むだけなら簡単である(作成もそう難しくはないのだが)。本TIPSでは、XPSファイルを閲覧するための方法について解説する。

操作方法

 XPSファイルを閲覧するためには、XPSビューアと呼ばれるソフトウェアが必要である。ただしXPSはWPFベースのドキュメント・フォーマットなので、Windows Vistaでは何もしなくても、エクスプローラでダブルクリックすれば、そのまま読むことができる。Windows VistaにはWPF(正確には.NET Framework 3.0)の機能があらかじめ搭載されているからだ。

 Windows XPおよびWindows Server 2003の場合は、.NET Framework 3.0をダウンロードしてインストールすれば、それだけで、Internet Explorer上で.XPSファイルを閲覧できる。

 またスタンド・アロン版のXPSビューアが利用したければ、Microsoft XPS Essentials Packと呼ばれるパッケージをダウンロードしてインストールすればよい。

 .NET Framework 3.0をインストールしたWindows XP上のInternet ExplorerでXPSファイルを閲覧すると、次のようになる。操作性はスタンドアロン版のビューアでもほぼ同じである。

Internet Explorer上でXPSドキュメントを閲覧しているところ Internet Explorer上でXPSドキュメントを閲覧しているところ
これは、Virtual PCのホームページで配布されている、Virtual PC 2007の技術概要技術ドキュメント[英語版]を、.NET Framework 3.0をインストールしたWindows XP上のInternet Explorerで閲覧しているところ。.NET Framework 3.0をインストールすれば、あとは何もしなくても、.XPSファイルをダブルクリックするだけで閲覧できる。スタンドアロン版を利用して閲覧することも可能。ビューアにはあまり特別な機能はないので、簡単に利用できる(Acrobat ReaderでPDFファイルを閲覧するのと変らない)。
  (1)閲覧しているXPSファイル。
  (2)Webブラウザ上で表示されている。
  (3)別の名前で保存する。
  (4)アクセス許可の設定。
  (5)デジタル署名の設定。ドキュメントの発行者をデジタル署名で確認したり。署名を付けたりできる。
  (6)ページ移動。
  (7)ページ表示形式の設定。
  (8)ズーム倍率の設定。

■関連記事(Insider.NET)


■この記事と関連性の高い別の記事


「Tech TIPS」のインデックス

Tech TIPS

Copyright© 1999-2017 Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。