連載
» 2007年04月17日 10時00分 UPDATE

JavaTips 〜Eclipse編:Eclipse 3.2でJava 5版Javadocとライブラリを関連付ける

[平野正喜,@IT]

 「Java 5へのEclipse 3.2のインストールと日本語化を行う」で説明した手順によりEclipseをインストールをした後に、より使いやすい日本語環境を構築するには、併せて、Eclipse 3.2からJ2SE 5.0日本語ドキュメントを利用できるようにすることをお勧めします。

 なお、「Java 5版MergeDocでEclipse 3.2のホバーを日本語化」を行うには、この手順に示す「J2SE 5.0日本語ドキュメントのダウンロードとインストール」をしておく必要があります。

 本稿で用いるアーカイブファイル名は以下のとおりです。

内容 アーカイブファイル名 サイズ
J2SE 5.0日本語ドキュメント jdk-1_5_0-doc-ja.zip 45.5Mbytes

J2SE 5.0日本語ドキュメントのダウンロード

 アーカイブファイルをサン・マイクロシステムズのWebページ「Java SE Downloads」からダウンロードします。残念ながら、このページから先は日本語化されていません。

 ブラウザにこのページが表示されたら、ページ下部にスクロールダウンし「J2SE 5.0 ドキュメント」の右側の「ダウンロード」をクリックします。

図1 「Java SE Downloads」ページ(2007/4/現在) 図1 「Java SE Downloads」ページ(2007/4/現在)

 「Download Center」のページが表示されますので、ライセンス許諾条件を確認して「Accept」の左側のラジオボタンをクリックします。

図2 「Download Center」ページ(2007/4現在) 図2 「Download Center」ページ(2007/4現在)

 画面がアーカイブファイル選択に切り替わりますので、日本語版である「J2SE(TM) Development Kit Documentation 5.0, Japanese」をクリックします。

図3 Accept後の「Download Center」ページ(2007/4現在) 図3 Accept後の「Download Center」ページ(2007/4現在)

 ダウンロードが開始しますので、適当なディレクトリに保存します。

J2SE 5.0日本語ドキュメントのインストール

 J2SE 5.0日本語ドキュメントには、インストーラーがありません。zip形式のアーカイブを展開(解凍)すると、「docs」ディレクトリができます。これをJDK 5.0をインストールしたディレクトリ(例:C:\Program Files\Java\jdk1.5.0_11)の下にコピーすると、インストール完了です。

JREを確認・変更し、日本語ドキュメントをEclipse 3.2と関連付ける

 Eclipse 3.2.1からこの日本語ドキュメントを直接利用できるように関連付けを行います。

 まず、[Eclipseが使用するJRE]を確認し、JREのままになっていたら、JDKに変更します。インストール直後である場合、Eclipseが使用するJREはJ2SE 5.0のJDKではなく、JREになっています。これをJ2SE 5.0のJDKに変更します。

 Eclipseを起動してワークベンチを表示し、メニューの[ウィンドウ]→[設定]を実行して設定ウィンドウを開き、[Java]→[インストール済みのJRE]をクリックして[インストール済みのJRE]を表示します。

図4 [インストール済みのJRE]画面 図4 [インストール済みのJRE]画面

 [追加]ボタンをクリックして[JREの追加]ウィンドウを表示し、[JRE名]に適当な名称を、[JREのホーム・ディレクトリー]にJDKをインストールしたディレクトリ名を指定します。正しいディレクトリを設定すると、[JREシステム・ライブラリー】が更新されますので、「rt.jar」を開いて[Javadocロケーション]を選択してから、[Javadocロケーション]をクリックします。

図5 [JREの追加]画面 図5 [JREの追加]画面

 [C:\Program Files\Java\jdk1.5.0_11\jre\lib\rt.jarのJavadoc]ウィンドウが開きますのでJavadocロケーション・パスに、インストールしたJava日本語ドキュメントの中の「api」ディレクトリ(例:file:/C:/Program Files/Java/jdk1.5.0_11/docs/ja/api/)を指定します。

 [検証]ボタンを押して設定を確認してから、[OK]をクリックします。

図6 [rt.jarのJavadoc]画面 図6 [rt.jarのJavadoc]画面

 [JREの追加]ウィンドウに戻ります。[OK]をクリックすると、インストール済みのJREにJDKが追加されますので、チェックボックスをオンにしてから、[OK]をクリックします。

図7 [JREの追加]画面 図7 [JREの追加]画面

その時点のEclipseの実行状態によっては、Javadocロケーション・パスが変更前の値に戻されてしまうことがあります。再度設定すると解消するようです。


日本語ドキュメントを関連付けると

 関連付けが行われている場合、ワークベンチ上にあるJavaプログラムのソース上で、[Shift]+[F2]キーを押すだけで、ブラウザが起動し、該当する日本語ドキュメントが表示されるようになります。

 下の例では、「String」にカーソルがありますので、[Shift]+[F2]キーを押すとjava.lang.Stringクラスのドキュメントが表示されます。

図8 ブラウザが起動してStringクラスのドキュメントが表示された 図8 ブラウザが起動してStringクラスのドキュメントが表示された

 なお、クラス名インターフェイス名だけではなく、日本語ドキュメントに含まれているメソッド名フィールド名でも表示が可能ですので、プログラミングの効率化に役立ちます。

Profile

RunDog.org

平野正喜


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

Focus

- PR -

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。