連載
» 2017年11月29日 05時00分 公開

Tech TIPS:Windowsの「robocopy」コマンドでフォルダをバックアップ/同期させる

Windowsでファイルをバックアップするには、2つのフォルダの内容を同期させるrobocopyコマンドが利用できる。robocopyではフォルダの同期機能をはじめ、さまざまなオプションを指定してのコピーができる。2つのフォルダの内容を完全に同期させるには/mirオプションを利用する。

[打越浩幸, 島田広道,デジタルアドバンテージ]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

対象OS:Windows 7/Windows 8/Windows 8.1/Windows 10/Windows Server 2008 R2/Windows Server 2012/Windows Server 2012 R2/Windows Server 2016


robocopyコマンドとは

 2つのフォルダの内容を同期させ、ファイルやフォルダの内容を同じ状態に保つ機能は、ファイルサーバのバックアップや個人的なデータのバックアップ、リモートオフィス同士でのデータの同期など、システム管理のさまざまな場面で利用される。

 このような用途に利用できるコマンドとして、copyやxcopyコマンドがある。

 フォルダの同期に利用できるツールとしては、この他にも「robocopy.exe」というコマンドラインツールがある。

 robocopyは、もともとはリモートのファイルサーバ同士でファイルやフォルダ、ユーザープロファイルデータなどを同期させるために作られたコマンドである。その名前は「Robust File Copy」の略であり、堅固(robust)で確実なファイルコピーという意味を持つ。具体的な機能の例を以下に記す。

  • エラー時の再試行回数の制限や待ち時間の指定
  • ネットワーク切断時のコピーの中断と再開
  • 属性やセキュリティ設定のコピー
  • ファイルサイズや変更時刻などを限定してのコピー
  • コピー先にある余分なファイルの削除
  • 256文字を超える長いパス名の処理
  • 動作ログの記録
  • 作業内容やオプション設定などをジョブとして保存
robocopyコマンドの動作 robocopyコマンドの動作
フォルダ間で更新コピーするには、「xcopy /e /d……」コマンドも利用できる。だがxcopyと比較すると、robocopyコマンドは、コピー先だけにあるファイルやフォルダ(EXTRA File)を削除できる他、サイズや更新日付を限定してのコピー、再試行回数制限、ログの記録、ジョブ定義、ファイルやフォルダの(コピーではなく)移動ができるなど、機能が豊富である。

 このようにrobocopyは多くの機能を備えている。本TIPSではrobocopyの基本的な使い方として、2つのフォルダを同期させる機能と、ログや設定を保存する機能について解説しておく。それ以外の機能については次のTIPS記事を参照していただきたい。

 より高度なrobocopyの使い方については、今後別TIPSで紹介する。

robocopyのヘルプを参照するには

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。