連載
» 2007年07月13日 05時00分 UPDATE

Tech TIPS:Windowsのリモートデスクトップをマルチディスプレイの全画面表示で使う

リモートデスクトップ接続クライアント6.0の新機能の1つとして、マルチディスプレイサポートがある。マルチディスプレイ環境なら、この機能により広大なリモートデスクトップ画面を利用できる。

[小川誉久,デジタルアドバンテージ]
Tech TIPS
Windows Server Insider


「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象OS:Windows XP / Windows Vista / Windows Server 2003



解説

 Windows XPに標準で付属するリモートデスクトップ接続クライアントのバージョンでは、マルチディスプレイ環境であってもリモートデスクトップの全画面表示はディスプレイ1台分の解像度に限定されてしまう。しかし、その後マイクロソフトから提供された新版の「リモートデスクトップ接続クライアント 6.0」をダウンロードしてインストールすれば、マルチディスプレイ全体にリモートデスクトップを全画面表示して使うことができる。マルチディスプレイ環境を利用しているなら、複数画面分の広大なデスクトップでリモートデスクトップを使えるようになる。

操作方法

 前述したとおり、マルチディスプレイ全体をリモートデスクトップとして利用するには、Windows XPに標準搭載されているものではなく、後から提供された新版の「リモートデスクトップ接続クライアント 6.0」をマイクロソフトのWebサイトからダウンロードして更新する必要がある。このリモートデスクトップ接続クライアントのアップグレード方法やバージョンの確認方法については、次の記事を参照していただきたい。

 「リモートデスクトップ接続クライアント 6.0」に更新すると、リモートデスクトップの実行プログラム(mstsc.exe)で/spanコマンドラインオプションを指定できるようになる。マルチディスプレイ全体をリモートデスクトップとして利用するには、リモートデスクトップ接続クライアントの起動時に、/spanコマンドラインオプションを指定する。具体的には、[スタート]メニューの[ファイル名を指定して実行]で表示されるダイアログで“mstsc /span”と指定すればよい。また、特定の.RDPファイルを指定する場合は、“mstsc.exe /span 〜.rdp”とする。.RDPファイルについては関連記事を参照されたい。

 ショートカットアイコンから起動するなら、「リモートデスクトップ接続」のショートカットのプロパティを開いて、[リンク先]の指定に/spanオプションを追加してもよい。

[リモート デスクトップ接続]のプロパティ [リモート デスクトップ接続]のプロパティ
[スタート]メニューの[リモート デスクトップ接続]のショートカットのプロパティを開いたところ。
  (1)/spanオプションを追加する。

 ただし、/spanオプションを追加すると、リモートデスクトップ接続の[画面]タブにおける解像度の選択用スライドバーが無効になり、常にリモートデスクトップが全画面表示されるようになるので注意が必要だ。

 後は通常どおり、接続先コンピュータを選択して接続すればよい。例えば次の画面は、1600×1200ドットのディスプレイ2台のマルチディスプレイ環境で、/spanオプション付きでリモートデスクトップに接続し、Googleマップを全画面表示してみたところである。

リモートデスクトップを2画面全画面表示したところ リモートデスクトップを2画面全画面表示したところ
1600×1200ドットのディスプレイ2台のマルチディスプレイ環境でリモートデスクトプに接続し、Googleマップを全画面表示してみた。

 ただし、この機能には以下のような制限がある。

  • ディスプレイ全体の合計解像度は、最大でも4096×2048までであること。
  • すべてのディスプレイの解像度は同一でなければならない。
  • ディスプレイは水平方向に並んでいること(縦並びなど、並び順は制御できない)。

■関連リンク


「Tech TIPS」のインデックス

Tech TIPS

Copyright© 1999-2016 Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

スポンサーからのお知らせ

- PR -

この記事に関連するホワイトペーパー

Focus

- PR -

編集部からのお知らせ

@IT編集部では、編集記者を募集しています。ご興味のある方は奮ってご応募ください。

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。