連載
» 2007年08月09日 00時00分 公開

小山博史のJavaを楽しむ(7):そろそろブログ+RSSアプリでも作ってみませんか? (1/3)

教育界、技術者コミュニティでJava言語の教育と啓蒙に長年携わってきた筆者が、独自の視点からJavaの面白さを掘り下げていく。(編集部)

[小山博史,ガリレオ]

 ブログが普及して、インターネットで記事を公開するためのツールとしてだけではなく、社内コミュニケーションツールとしても利用することが考えられるようになってきています。

 ブログを使うと、フィード情報が簡単に出力できますから、うまく使うと、いろいろな情報の共有と流通が可能になります。既存のブログシステムをそのまま利用しつつ、ちょっとしたプログラムを追加するだけで、連絡、報告、コメントの募集、といったことが、これまでよりも簡単にできるようにならないだろうか、そんなことを考えながら、ブログプログラミングをJavaでする方法について調べてみました。

Javaのブログシステムはいろいろある

 まずは、Javaを使ったブログシステムにはどんなものがあるか、調べてみました。

 Javaのブログシステムといえば、Apaceh Rollerをすぐに想像する人が多いのではないでしょうか。

図1 Apache Rollerのサイト 図1 Apache Rollerのサイト

 Sun Microsystemsのブログのシステムとして採用されていて、とても有名だからです。

図2 Sun Microsystemsのブログサイト 図2 Sun Microsystemsのブログサイト

 ほかにも、AppleのMac OS X Tiger ServerのブログServerとして採用されているblojsomというものもあります。

図3 blojsomのサンプル画面(blojsomのサイトより引用) 図3 blojsomのサンプル画面(blojsomのサイトより引用)

 さらに、JSP 2.0Servlet 2.4互換のWeb/アプリケーションサーバ(Apache Tomcat 5.5など)とJava 5が必要なPebbleというものもあります。

図4 Pebbleのサイト 図4 Pebbleのサイト

 変わったところでは、SnipSnapというWikiとブログのコラボレーションツールもありました。SnipSnapは残念ながら開発が終了しています。

図5 SnipSnapのサイト 図5 SnipSnapのサイト

 これらの中で今回は、Apache Rollerの最新版について調べてみました。これは、ライセンスがApache HTTP ServerApache Tomcatと同じApacheライセンスですから、それらと一緒に使う場合に悩むことが少ないですし、Sun Microsystemsのブログシステムとして採用されてよく使われている点から、安心して使えそうだと考えたのです。複数のブログを管理できるという点もポイントです。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。