連載
» 2007年08月10日 00時00分 UPDATE

Windows TIPS:Excelを別ウィンドウで複数同時に操作する

Excelシートをエクスプローラから複数開くと、それぞれはExcelの中の子ウィンドウとして表示される。子ウィンドウは親ウィンドウの内部でしか表示できないので、複数の子ウィンドウを並べて操作するには、親となるExcelウィンドウを大きくしなければならない。しかし、ある操作により、複数のExcelファイルをそれぞれ別ウィンドウとして開くことができる。

[正木理絵子,デジタルアドバンテージ]
Windows TIPS
Windows Server Insider


「Windows TIPS」のインデックス

連載目次

対象ソフトウェア:Excel 2003


解説

 エクスプローラなどからExcelファイル(シート)をダブルクリックすると、アプリケーションの関連付けからExcelが起動され、その中にシートの内容が表示される。これに続けて、2つ目のExcelファイルをダブルクリックすると、新たに別のExcelが起動されるのではなく、すでに起動されているExcelの内部に、子ウィンドウとしてシートの内容が表示されるようになっている(Excelと異なり、Wordなどでは、このような場合でも別々のWordアプリケーションが起動され、文書が表示される)。

wi-cap01.gif 複数のExcelファイルを起動したところ
エクスプローラからExcelファイルを複数起動すると、通常はこのように、1つのExcelウィンドウの内部に、各シートが子ウィンドウとして表示される。

 この場合、複数のシートを同時に見ながら作業するには、親であるExcelのウィンドウを大きくして、その中で子ウィンドウのサイズを調整したり、ウィンドウの前後関係を調整したりして、同時に見たい部分が見えるようにしなければならない。Excelのシートだけで作業するなら、親であるExcelウィンドウを最大化すればよいが、Excel以外のウィンドウ(例えばWebブラウザなど)も同時に見たいとなると、Excelのこうした仕様はことのほか不便である。

 Wordなど、ほかの多くのアプリケーションと同様に、各シートが別々のExcelウィンドウに表示されるとよいのだが、エクスプローラからExcelファイルをダブルクリックする方法では、必ず前記のようになってしまう。

 あまりスマートな方法ではないが、操作方法を変えれば、複数のExcelファイルを別々のExcelウィンドウに表示することは可能である。

操作方法

 異なる複数のExcelファイルを別々のExcelウィンドウに表示するには、[スタート]メニューなどのExcelのショートカットから、空の状態(Excelファイルをオープンしない状態)でExcelアプリケーションを繰り返し起動し、開いている空のウィンドウに作業したいExcelファイルをドラッグ&ドロップしていく。

 具体的に操作してみよう。まず、[スタート]メニューのExcelプログラムのショートカットを選択し、Excelを起動する。こうすると、ファイルを何も開かない空の状態でExcelが起動される。この方法を繰り返すと、空の状態のExcelウィンドウが複数表示される。

wi-cap02.gif ショートカットからExcelを起動する
[スタート]メニューなどのExcelのショートカットからExcelを起動する。こうすると、空の状態でExcelのウィンドウが表示される。この方法でExcelを起動すると、起動した数だけ別々のExcelウィンドウが表示される。
 (1)必要な数だけショートカットを実行して複数のExcelウィンドウを開く。

 次の画面は、複数の空のExcelウィンドウを開いたところだ。

wi-cap03.gif 空のExcelウィンドウを複数表示したところ
Excelファイルを指定せず、ショートカットからExcelを起動すると、このように空の状態のExcelウィンドウが表示される。この操作を繰り返すと、起動した数だけ別々のExcelウィンドウが表示される。

 必要な数だけExcelのウィンドウを開いたら、エクスプローラから、作業したいExcelファイルを開いたExcelウィンドウにドラック&ドロップする。すると、Excelファイルがあらかじめ開いておいたExcelウィンドウの中に表示される。

wi-cap04.gif 作業するExcelファイルを開く
エクスプローラのアイコンをダブルクリックして立ち上げるのではなく、あらかじめ開いておいたExcelウィンドウへドラック&ドロップしてファイルを展開する。
 (1)エクスプローラから、開きたいExcelファイルをExcelウィンドウへドラック&ドロップする。

 同様にして、ほかExcelファイルも別のExcelウィンドウへドラック&ドロップしていく。こうすると、それぞれのファイルが別々のウィンドウの中で展開される。

wi-cap05.gif 別々のExcelウィンドウで展開された各ファイル
上記の方法で、複数の異なるファイルが別々のウィンドウで展開された。

 あまりスマートな方法ではないが、このように操作すれば、複数のExcelファイルを独立したExcelウィンドウとして表示させることが可能だ。Excelアプリケーションを起動するためのショートカットはどこにあってもよいので、よく操作するなら、デスクトップなどにExcelのショートカット・アイコンを作成しておくとよいだろう。

「Windows TIPS」のインデックス

Windows TIPS

Copyright© 1999-2014 Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

TechTargetジャパン

@IT eBookシリーズ、創刊

ホワイトペーパー(TechTargetジャパン)

注目のテーマ

Focus

- PR -

転職/派遣情報を探す

【転職サーチ】SIer/Web企業/新規事業 スマホ開発で、あなたのキャリアを生かす

「派遣・フリーで働くメリット」とは? 活躍する派遣エンジニアの本音

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。