Loading
連載
» 2015年12月02日 05時00分 UPDATE

Tech TIPS:Excelを別ウィンドウで複数同時に操作する(Windows編) (1/2)

Excel 2007/2010で複数のExcelブックを開くと、いずれも単一の親ウィンドウ内の子ウィンドウとして表示されるため、自在には配置できない。各ブックを別々のウィンドウで開くには、少々のテクニックと注意が必要だ。

[正木理絵子, 島田広道,デジタルアドバンテージ]
Tech TIPS
Windows Server Insider


「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象ソフトウェア:Excel 2007/Excel 2010/Excel 2013/Excel 2016



解説

 Microsoft Excelをインストールした環境で、エクスプローラーなどからExcelファイル(ブック)をダブルクリックすると、アプリケーションの関連付けに基づいてExcelが起動し、その中にシートを含むブックの内容が表示される。

 続いて二つ目のExcelファイルをダブルクリックすると、Excel 2007/2010の場合は、新たに別のExcelが起動されるのではなく、すでに起動されているExcelのウィンドウ内部に、子ウィンドウとしてブックの内容が表示されるようになっている。同じOfficeアプリケーションであるWordなどとは異なる挙動だ。

複数のExcelファイルを開いたところ 複数のExcelファイルを開いたところ
Excel 2007/2010の場合、エクスプローラーから複数のExcelファイルを開くと、通常はこのように、一つのExcelウィンドウの内部に、各ブックが子ウィンドウとして表示される。

 この場合、複数のブックを同時に見ながら作業するには、親であるExcelのウィンドウを大きくして、その中で子ウィンドウのサイズを調整したり、ウィンドウの前後関係を調整したりして、同時に見たい部分が見えるようにしなければならない。

 Excelブックだけで作業するなら、親ウィンドウを最大化すればよい。だが、Excel以外のウィンドウ(例えばWebブラウザーなど)も同時に見たり、マルチディスプレイ環境で各ディスプレイにそれぞれExcelブックを表示したりしたいとなると、Excel 2007/2010のこうした仕様は不便である。

 そこで本TIPSでは、Excel 2007/2010において、Excelファイルを別々のウィンドウに表示する三つの方法を紹介する。どれも一長一短なので、利用頻度や用途などに応じて選んでいただきたい。なお、Excel 2013/2016の場合は特にテクニックを駆使する必要はない

操作方法

 複数のExcelファイルを別々のExcelウィンドウに表示するために、「設定変更は不要だが操作はやや面倒」「設定変更が必要だが操作はスマート」「大変更が必要だが抜本的に改善」という3種類の方法を紹介する。

●Excelを複数起動し、それぞれにExcelファイルをドラッグ&ドロップしていく

 まずは複数のExcelアプリケーションを起動する。それには、まず一つ目のExcelを起動した後、タスクバーに表示されたExcelのアイコンを右クリックし、表示されたメニューの下から3番目にある[Microsoft Excel 〜]をクリックする。二番目のExcelが起動するので、あとはこれを繰り返せばよい。

 ただしWindows Vistaの場合、上記の手順は利用できないので、[スタート]メニューにあるExcelのショートカットからExcelアプリケーションを繰り返し起動する。

 あとは、作業したいExcelファイルを各ウィンドウへドラッグ&ドロップしていくと、Excelファイルごとに別々のウィンドウで作業できる。

ショートカットからExcelを繰り返し起動する ショートカットからExcelを繰り返し起動する
これは[スタート]メニューの例。登録されているExcelのショートカットからExcelを起動すると、白紙状態のExcelのウィンドウが表示される。この方法だと、起動した数だけ別々のExcelウィンドウが表示される。
  (1)まずスタートメニュー/スタート画面などから最初のExcelを起動する。
  (2)タスクバーに表示されたExcelのアイコンを右クリックして、(3)のメニューを開く。
  (3)[Microsoft Excel]をクリックすると、二番目のExcelが起動する。あとは(2)(3)の手順を繰り返して必要な数だけExcelウィンドウを開く。
空のExcelウィンドウが複数表示されたところ 空のExcelウィンドウが複数表示されたところ
作業するExcelファイルを開く 作業するExcelファイルを開く
エクスプローラーから各Excelファイルのアイコンをダブルクリックして開くのではなく、あらかじめ開いておいたExcelウィンドウへドラッグ&ドロップしてExcelファイルを開く。
  (4)エクスプローラーから、開きたいExcelファイルを各Excelウィンドウへ一つずつドラッグ&ドロップする。
別々のウィンドウに表示された各Excelファイル 別々のウィンドウに表示された各Excelファイル

 あまりスマートな方法ではないが、このように操作すれば、複数のExcelファイルを独立したExcelウィンドウとして表示させることが可能だ。

 最初にExcelアプリケーションを起動するためのショートカットはどこにあってもよいので、よく操作するなら、Excelをタスクバーにピン留めしたり、デスクトップにショートカットアイコンを作成したりしておくとよいだろう。

       1|2 次のページへ

Copyright© 1999-2016 Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

SIMフリースマホ「iPhone SE」をプレゼント!

ホワイトペーパー(TechTargetジャパン)

Focus

- PR -

編集部からのお知らせ

@IT編集部では、編集記者を募集しています。ご興味のある方は奮ってご応募ください。

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。