連載
» 2007年09月25日 00時00分 UPDATE

現場で使えるFlex実践テクニック(4):Flexでリストの中にチェックボックスや画像を表示!? (1/3)

[成瀬勉,クラスメソッド]

リストの中にチェックボックスや画像を表示できます

 GUIアプリケーションで必ずといっていいほど登場するListやTree、DataGridなどの「リスト系」のコントロールですが、RIA開発において、単にこれらのコントロールを標準の状態のまま配置すればOKということはあまりありません。

 例えば、itemRendererという機構を利用することで、リスト内にチェックボックスや画像を表示するなど、内容を別のものに置き換えることができます。これによって、利用範囲が劇的に広がり、ユーザーが直感的に操作できます。

 今回は、リスト系コントロールについての基本から、実践、応用活用例を解説します。

【入門】そもそも、リスト系コントロールって何だろう?

 まず、リスト系コントロールとは、そもそもどういったものでしょうか?

Flexにおけるリストの種類

 Flexにおいてリスト系コントロールとは、ListBaseをスーパークラスに持つクラスが、それに当たります。具体的には、List、Menu、Tree、TileList、HorizontalList、DataGridです。

図1 クラス図 図1 クラス図

Flexにおけるリスト系コントロールの裏側

 リスト系コントロールは、多数のデータを一覧表示するために利用されます。ところが、FlashPlayerは大量の描画オブジェクトを生成して表示するのは、実はあまり得意ではありません。そのためFlexでは、スクロールで見えない分のオブジェクトの生成は行わず、画面内に表示されるレコードの分だけオブジェクトを生成します。

 スクロールが行われると、新たに表示されるレコードと、スクロール外へ移動し見えなくなるレコードが発生します。このとき、表示するデータの内容を入れ替えるケースと、オブジェクトの位置をずらすケースを適宜利用することで、スクロール動作を実現しています。この機構により、FlashPlayer上で大量のレコードデータを含んだリストを、高速に扱うことができるようになっています。

【基礎1】リストにデータを表示する

 まずは、リストにデータを表示する方法を解説します。

サンプル1 

ListSample1.mxml
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<mx:Application xmlns:mx="http://www.adobe.com/2006/mxml"
    layout="vertical">
    <mx:Script>
    <![CDATA[
        [Bindable]
        private var dataList:Array
            = new Array("aaa", "bbb", "ccc", "ddd", "eee", "fff");
    ]]>
    </mx:Script>
    <mx:List width="200" height="200"
        dataProvider="{dataList}"
    />
</mx:Application>

 リスト系コンポーネントにはdataProviderというプロパティがあります。dataProviderに配列を指定することで、配列の1要素が1レコードとして一覧で表示されます。

リストの選択項目をラベルに表示

 dataProviderに設定する配列にはオブジェクトを含むことができます。オブジェクトにlabelというフィールドを設定すると、その値がリストに表示されます。オブジェクトの内容はリストのselectedItemなどからいつでも取り出すことが可能です。

ListSample2.mxml
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<mx:Application xmlns:mx="http://www.adobe.com/2006/mxml"
    layout="vertical">
    <mx:Script>
    <![CDATA[
    [Bindable]
        private var dataList:Array = new Array(
            {label:"aaa", data:"AAA"},
            {label:"bbb", data:"BBB"},
            {label:"ccc", data:"CCC"},
            {label:"ddd", data:"DDD"},
            {label:"eee", data:"EEE"},
            {label:"fff", data:"FFF"}
        );
    ]]>
    </mx:Script>
    <mx:List id="list" width="200" height="200"
        dataProvider="{dataList}"
    />
    <mx:Label text="label:{list.selectedItem.label}" />
    <mx:Label text="data:{list.selectedItem.data}" />
</mx:Application>

サンプル2 

オブジェクトにnameフィールドを設定すると……

 では、オブジェクトにlabelフィールドを設定しないとどうなるでしょう。

 次の例では、labelではなくnameというフィールドを定義します。

ListSample3_a.mxml
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<mx:Application xmlns:mx="http://www.adobe.com/2006/mxml"
                layout="horizontal">
    <mx:Script>
    <![CDATA[
        [Bindable]
        private var dataList:Array = new Array(
            {name:"aaa", data:"AAA"},
            {name:"bbb", data:"BBB"},
            {name:"ccc", data:"CCC"},
            {name:"ddd", data:"DDD"},
            {name:"eee", data:"EEE"},
            {name:"fff", data:"FFF"}
        );
    ]]>
    </mx:Script>
    <mx:List id="list" width="200" height="200"
        dataProvider="{dataList}"
    />
    <mx:Label text="label:{list.selectedItem.name}" />
    <mx:Label text="data:{list.selectedItem.data}" />
</mx:Application>

 実行すると、[object Object]とリストには表示されます。これはObjectインスタンスのストリング表現です。

サンプル3 

 正しく表示するためには、リストのlabelFieldというプロパティに、表示したいフィールド名をストリングで指定します。

ListSample3_b.mxml
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<mx:Application xmlns:mx="http://www.adobe.com/2006/mxml"
                layout="vertical">
    <mx:Script>
    <![CDATA[
        [Bindable]
        private var dataList:Array = new Array(
            {name:"aaa", data:"AAA"},
            {name:"bbb", data:"BBB"},
            {name:"ccc", data:"CCC"},
            {name:"ddd", data:"DDD"},
            {name:"eee", data:"EEE"},
            {name:"fff", data:"FFF"}
        );
    ]]>
    </mx:Script>
    <mx:List id="list" width="200" height="200"
        dataProvider="{dataList}"
        labelField="name"
    />
    <mx:Label text="label:{list.selectedItem.name}" />
    <mx:Label text="data:{list.selectedItem.data}" />
</mx:Application>

サンプル4 

 続いて次ページでは、ラベルに表示する内容を加工する方法やitemRendererを使った実践テクニックを解説します。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。