連載
» 2009年12月25日 05時00分 UPDATE

Tech TIPS:RSATツールでWindows Server 2008をリモート管理する

Windows Server 2008/R2をリモートから管理するためには、サーバー用のリモート管理ツールを手元のコンピューターにインストールすればよい。Windows Vista/Windows 7ではRSATというリモート管理ツールが利用できる。RSATツールでは、Windows Server 2008/R2の他、Windows Server 2008/R2のServer CoreやWindows Server 2003も管理できる。

[打越浩幸,デジタルアドバンテージ]
「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象OS:Windows Vista/Windows 7



Windows 10用RSATについては、次の記事を参照してください。


解説

●Windows Server 2008/R2向けの新しいサーバー管理ツールRSAT

 TIPS「サーバ用管理ツールをクライアントPCにインストールする」では、Windows 2000 ServerやWindows Server 2003をリモートから管理するためのツールを紹介した。Windows 2000 ProfessionalやWindows XPといったクライアントコンピューターに、サーバーOSに含まれているadminpak.msiをインストールすると、サーバーOSと同じ管理ツールがクライアントコンピューターからも利用できるようになるというものだ。サーバーを手元からリモート管理できるので、すでに活用している管理者も多いだろう。

 Windows VistaやWindows 7の場合は、互換性の問題のため、adminpak.msiファイルは利用できないが(インストールしようとしても、バージョンチェックで拒否される)、代わりにRemote Server Administration Tools(以下RSAT)という新しい管理ツールが利用できる。これはWindows Server 2008/R2と互換性のあるサーバー管理ツールであり、Windows Vista SP1以降のコンピューターにインストールして使うことができる。基本的には、Windows Server 2008/R2の管理ツールと同じものであるが、リモートのWindows Server 2008/R2の他、Windows Server 2008/R2のServer CoreやWindows Server 2003も管理できる。本TIPSではこのRSATツールの使い方について簡単に解説する。Server Coreについては「連載 Windows Server 2008の基礎知識――より安全性の高いサーバ構築を可能にする「Server Core」」を参照していただきたい。

操作方法

 RSATツールはWindows Vista向けとWindows 7向けに異なるものが提供されている。以下、それぞれのOSについて解説する。

●[Windows Vista]手順1――RSATツールの入手とインストール

 RSATリモート管理ツールはWindows Server 2008のインストールメディアには含まれておらず、以下の場所からダウンロードしてインストールする必要がある。

 以上の場所からインストールファイルをダウンロード後、ダブルクリックしてインストールする。インストールするWindows VistaにはSP1が適用されている必要がある(SP1未適用だとインストールできないし、Windows Server 2008にもインストールできない)。Windows Vista SP1については「連載 Vistaの地平―第13回 Windows Vista SP1」を参照していただきたい。

●[Windows Vista]手順2――管理対象の機能の選択

 RSATをインストールしても、従来のadminpak.msiのときのように、全てのサーバー管理ツールがメニューに登録されるわけではない。RSATのインストール後に増えるメニュー項目は、[スタート]メニューの[すべてのプログラム]−[管理ツール]−[リモート サーバー管理ツール]だけである。これはRSATの概要を紹介するヘルプファイルにすぎない。RSATを使ってサーバーを管理するためには、管理対象の機能/サービスに対応するツールをさらに個別にインストールする必要がある。

 まず[コントロール パネル]を開き、[プログラム]グループの下にある[プログラムと機能]−[Windows の機能の有効化または無効化]を選択する。UACによる実行許可を求めるダイアログが表示されるので、[続行]をクリックして機能を選択する画面を表示させる。そして、[リモート サーバー管理ツール]という項目に注目する。

[Windows Vista]管理するサーバー機能の選択 [Windows Vista]管理するサーバー機能の選択
この画面で、RSATサーバー管理ツールで管理する対象のサーバー機能を選択する。デフォルトでは何も選択されていない。これは、不要なツールを極力インストールしないようにして、システムの安全性を高めるための措置である。
  (1)この中から、管理したい機能のチェックボックスをオンにして、[OK]をクリックする。すると該当する管理ツールがメニューに登録される。デフォルトでは何も選択されていない。

 以上の画面で、全ての機能(チェックボックス)を選択して[OK]をクリックすると、管理ツールのメニューは次のようになる。

[Windows Vista]インストールされたRSATツール [Windows Vista]インストールされたRSATツール
これはRSATツールの全ての機能を選択してインストールした後の[管理ツール]メニューの状態。いくつかはもともとのWindows Vistaに用意されている管理ツールであるが、Active DirectoryやDFS、DNS、DHCP、ファイルサーバーリソースマネージャーなどはサーバーOS専用のツールである。
  (1)グループポリシー管理コンソール(GPMC)ツール。

 これらのサーバー管理ツールの使い方は従来と同じである。基本的にはツールを起動後、対象となるサーバーコンピューターを選択して、管理することになる。なお、サーバーOSをリモートから管理するためには、管理用のポートをあらかじめオープンにしておく必要がある。詳細は前掲の「Windows Server 2008の基礎知識――より安全性の高いサーバ構築を可能にする『Server Core』」や、TIPS「Windowsファイアウォールのリモート管理を有効にする」などを参照していただきたい。

●[Windows Vista]グループポリシー管理コンソールについて

 グループポリシーを編集するには、グループポリシー管理コンソール(GPMC)というツールを利用するが(TIPS「グループ・ポリシー管理を強力に支援するGPMCを活用する」参照)、このツールはデフォルトではWindows Vista SP1では利用できない。SP1未適用状態のWindows VistaにはGPMCが含まれていたが、VistaのSP1をインストールすると、互換性のために、元のGPMCがアンインストールされるようになっていたからだ(詳細については、別稿の「Windows Vista SP1の機能強化ポイント」を参照のこと)。

 だが上のツールメニューを見ても分かるように、RSATグループの[グループ ポリシー管理ツール]機能を選択するとGPMCがインストールされるので、Windows Vista SP1のコンピューターからActive Directoryやグループポリシーの編集ができるようになる。つまり、Vista SP1でGPMCを利用したければ、RSATをインストールすればよい。

●[Windows 7]手順1――RSATツールの入手とインストール

 Windows 7向けのRSATリモート管理ツールは以下の場所からダウンロードできる。

 Windows 7のx86用とx64用の2種類のバイナリが用意されているので、どちらかの.msuファイルをダウンロードしてインストールする。インストール可能なエディションはWindows 7 Enterprise/Professional/Ultimateであり、管理対象はWindows Server 2008 R2/Server 2008/Server 2003となっている。

●[Windows 7]手順2――管理対象の機能の選択

 次は[コントロール パネル]を開き、[プログラム]グループの下にある[プログラムと機能]−[Windows の機能の有効化または無効化]を選択する。そしてインストールしたいツールを選択する。

[Windows 7]管理するサーバー機能の選択 [Windows 7]管理するサーバー機能の選択
この画面で、RSATサーバー管理ツールで管理する対象のサーバー機能を選択する。デフォルトでは何も選択されていない。

 以上の画面で、全ての機能を選択して[OK]をクリックすると、管理ツールのメニューは次のようになる。

[Windows 7]インストールされたRSATツール [Windows 7]インストールされたRSATツール
これはRSATツールの全ての機能を選択してインストールした後の[管理ツール]メニューの状態。いくつかはもともとのWindows 7に用意されている管理ツールであるが、Active DirectoryやDFS、DNS、DHCPなどはサーバーOS専用のツールである。

■関連リンク


■更新履歴

【2009/12/25】Windows 7向けのRSATツールに関する情報を追加しました。

【2008/06/06】初版公開(対象OSはWindows Vista)。


「Tech TIPS」のインデックス

Tech TIPS

Copyright© 1999-2017 Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。