ニュース
» 2008年07月29日 00時00分 公開

日本人初:「YAPC::AsiaやPlaggerが評価」、宮川達彦氏がWhite Camel Awardを受賞

[岑康貴,@IT]

 2008年7月21日から25日まで、米国ポートランドで開催されたオープンソースの総合カンファレンス「OSCON 2008」において、Six Apartの宮川達彦氏がWhite Camel Awardを受賞した。

 White Camel AwardはPerlファウンデーションが、Perlコミュニティに多大な貢献をもたらした人を選出する賞。1999年から行われており、2007年にはティム・オライリー氏も受賞している。日本人の受賞は初めて。

 YAPC::Asiaの運営やPlaggerなどのプロジェクトにおけるさまざまな活動を評価されたのが受賞理由であるとSix Apartは説明している。宮川氏は自身のブログ(英語)で、YAPC:Asiaの運営スタッフを始めとしたコミュニティ関係者に感謝の言葉を述べている。

過去の受賞者

受賞者
2008
Tatsuhiko Miyagawa, Jacinta Richardson, Gabor Szabo
2007
Allison Randal, Tim O'Reilly, Norbert E. Grüner
2006
Jay Hannah, Josh McAdams, Randal Schwartz
2005
Stas Bekman, Eric Cholet, Andy Lester
2004
Dave Cross, brian d foy, Jon Orwant
2003
Jarkko Hietaniemi, Andreas Koenig, Robert Spier
2002
Graham Barr, Dr. Tim Maher, Tim Vroom
2001
David H. Adler, Ask Bjørn Hansen, YAPC::Europe team
2000
Elaine Ashton, Chris Nandor, Nat Torkington
1999
Tom Christiansen, Kevin Lenzo, Adam Turoff

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。