連載
» 2008年07月31日 00時00分 公開

Webアプリの常識をJSPとStrutsで身につける(2):Strutsの常識を知り、EclipseとTomcatの環境構築 (2/4)

[眞野寿彦,株式会社メセナ・ネットコム]

Strutsを使ったWebアプリを作るための環境構築

 では、早速準備に取り掛かるとしましょう。StrutsでWebアプリケーションを構築するとなると、以下のソフトウェアが必要となります。

表 Strutsを使ったWebアプリの開発に必要なソフトウェア
ソフトウェア 本連載で扱うバージョン 概要
JDK 6.0(※JREは、1.6.0) コンパイラやデバッガ、実装環境(JRE)を含むJavaの開発ツール
Tomcat 6.0.16 オープンソースのJavaサーブレットのコンテナ(正式名は「Apache Tomcat」)
Struts 1.3.8 Webアプリケーションフレームワーク
Eclipse 3.4 統合ソフトウェア開発環境(IDE

 今回は、WindowsサーバにインストールしてStruts/JSPを使うこととします(LinuxサーバへのTomcatのインストール方法は「CentOS 5.0に最新Tomcatをセットアップ」を参照してください)。

手順【1】JDK 6 Update 7のインストール

 サン・マイクロシステムズの公式ページからWindows用のJDK(バージョンが2008年7月現在で最新の「6 Update 7」である「jdk-6u7-windows-i586-p.exe」)をダウンロードします。

 ダウンロードした「jdk-6u7-windows-i586-p.exe」を実行してください。「使用承諾契約」で、[同意する]ボタンを押下して[次へ]ボタンを押します。すると、JDKの[カスタムセットアップ]画面が表示されます。

図3 JDKの[カスタムセットアップ]画面 図3 JDKの[カスタムセットアップ]画面

 [開発ツール]を選択し、インストール先を変更して、[次へ]ボタンを押します。今回は「C:\Program File\Java\jdk1.6.0_07\」へインストールします。

図4 インストールするプログラムの選択 図4 インストールするプログラムの選択

 すると、JREのカスタムセットアップを聞かれるので、「Java(TM)SE Runtime Environment」を選択し、インストール先を変更します。今回は、「C:\Program File\Java\jre1.6.0_07\」へインストールします。[次へ]ボタンで進むと、セットアップが開始されてJDKのインストールが完了します。

手順【2】Tomcat 6.0.16のインストール

 Tomcatサイトにアクセスして、Tomcat(「apache-tomcat-6.0.16.exe」)をダウンロードします。

 ダウンロードした「apache-tomcat-6.0.16.exe」を実行してください。[SetUp]画面で[next]を選択します。すると、英語で使用承諾契約が表示されるので、[I Agree]を選択します。次の画面で、[Next]を選択します。

図5 Tomcatのセットアップ 図5 Tomcatのセットアップ

 すると、Tomcatのインストール先を指定する画面が表示されます。[Browse]ボタンでインストール先を変更し、[Next]ボタンを選択します。今回は、「C:\Program Files\Apache Software Foundation\Tomcat 6.0\」へインストールします。

図6 ポートやユーザーなどの設定 図6 ポートやユーザーなどの設定

 次の画面で、ポート管理者権限のユーザー名やパスワードを指定することになりますが、今回はそのまま[Next]ボタンを選択します(この設定はセキュリティにかかわるため、実業務ではそのままでは問題があるので、ご注意ください。セキュリティの設定に関しては、今後の連載で解説します)。

図7 JDKのパスを指定 図7 JDKのパスを指定

 JDKのパスを指定する画面で、先ほどインストールしたJDKのパスを選択して、[Install]を押してください。これでTomcatのインストールは完了です。

 確認としては、Tomcatをインストールしたフォルダにある起動用ファイルをクリックしてTomcatを起動した後、http://localhost:8080/にアクセスして下記の画面が表示されれば、Tomcatのインストールは成功です。

図8 Tomcatの起動確認 図8 Tomcatの起動確認

手順【3】環境変数の設定

 Windowsの[マイコンピュータ]を右クリックして[プロパティ]を選択します。[システムのプロパティ]画面の[詳細設定]タブに切り替えて[環境変数]ボタンを押下します。[システム環境変数]の[新規]ボタンを押下します。

図9 環境変数の設定 図9 環境変数の設定

 すると[新しいシステム変数]の入力画面が表示されるので、下記の変数を入力して[OK]ボタンを押してください。

  • [変数名]:JAVA_HOME
    [変数値]:\【インストールフォルダ】\jdk1.6.0_07(例、「C:\Program Files\Java」)
  • [変数名]:TOMCAT_HOME
    [変数値]:\【インストールフォルダ】\Tomcat6.0(例、「C:\Program Files\Apache Software Foundation\Tomcat6.0」)

 次に、「Path」という変数を選択して[編集]ボタンを押してください。すると、[システム変数の編集]の入力画面が表示されるので、下記の変数を追記して[OK]ボタンを押してください。

  • [変数名]:Path(そのまま)
    [変数値]:\【インストールフォルダ】\jdk1.6.0_07\bin(追記してください。例、「〜〜;C:\Program Files\Java\jdk1.6.0_07\bin」)

手順【4】Struts 1.3.8のインストール

 Strutsを公式サイトからダウンロードしましょう。ダウンロードした「struts-1.3.8-all.zip」を解凍します。解凍したフォルダの「apps」フォルダ配下の「struts-blank-1.3.8.war」ファイルを解凍すると、「struts-blank-1.3.8」フォルダができます。Apacheプロジェクトが提供しているサンプルプログラムの1つです。

 もちろん、このサンプルプログラム1つでも動作は可能なのですが、今回は組み込み用として使用します。

 まず、PKGにプロジェクト「Hello」フォルダを作成し、「struts-blank/WEB-INF」フォルダをそのまま「Hello」フォルダ配下に組み込みます。次に、「Hello」フォルダ配下に「pages」フォルダを作成してください。これだけである程度の構成図に近づきました(「struts-blank」フォルダ配下の「pages」フォルダに関しては、今回自分で画面(JSP)を作成するため組み込む必要はありません)。

手順【5】EclipseとTomcatプラグインをインストール

 ここからは、Eclipseを使ってWebアプリケーションを作成する準備をしていきます。まず、公式サイトからEclipseをダウンロードします。今回はEclipse 3.4を使用します。

 Eclipse 3.4のダウンロードと日本語化については、記事「今年も“かに座”リリース! Eclipse 3.4の新機能は?」の「Eclipse 3.4のインストールと日本語化」をご覧ください。本稿では、上記記事と同じく「Eclipise IDE for Java EE Developers」を使います。

 ダウンロードが完了したところで、EclipseとTomcatを連携するため、TomcatプラグインをEclipseに追加します。「EclipseTotale-Sysdeo Eclipse Tomcat Launcher plugin」のサイトからTomcatプラグイン(2008年7月現在の最新バージョンである「tomcatPluginV321.zip」ファイル)をダウンロードします。

 ダウンロードした「tomcatPluginV321.zip」を解凍して、「com.sysdeo.eclipse.tomcat_3.2.1」ファイルをC:\eclipse\plugin配下にコピーします。これで、Tomcatのプラグイン追加は完了です。

 次ページからは、Eclipse上から新規プロジェクトを作成してWebアプリケーションを作成し始めます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。