連載
» 2008年08月22日 10時00分 UPDATE

5分で絶対に分かる:5分で絶対に分かるメンタルヘルス (5/6)

[西村もゆ子,@IT]

4分 − すでにダメージを受けている場合の対処方法

 ストレスチェックで該当個所が多かった人、長時間労働が続いている人の中には、すでに心身の不調を自覚している人もいるかもしれません。一刻も早く、専門家に相談しましょう。

 社内にメンタルヘルスの相談窓口がある、産業医などの専門医療スタッフがいる場合には、まずはそこで相談してみましょう。社内で適切な医療サービスやカウンセリングが受けられる場合があります。社外の専門機関を紹介してもらうこともできます。

 社内にそうした機関がない、あっても会社には関係のないところで相談したいと思うことがあるかもしれません。その場合には、精神科、心療内科といった診療科目を掲げている病院やクリニックの受診をお勧めします。

 とはいえ、精神科領域の医療機関を受診することに対して、まだまだ偏見や抵抗感が残っているのも事実です。いきなり病院に行くのはちょっと……という場合や、どこの病院に行けばよいか分からないといった場合には、まずはカウンセリングを受けてみるという方法もあります。会社がカウンセリング機関と提携していて、安価でサービスを受けられる場合もあります。対面でのカウンセリングが苦手、もしくは遠方で通えない場合には、電話やメールで相談ができる専門機関があります。

 心身の不調の背後に、脳血管疾患や心疾患、腎臓病などの重大な身体疾患が隠れている場合もあります。定期的な健康診断の受診は当然のこととしても、不調の際に総合的なチェックを兼ねて医療機関を受診してみることは大変重要です。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。