ニュース
» 2008年10月07日 00時00分 公開

シマンテック、バップアップソフトの新版で仮想環境対応を強化:物理サーバと同様に仮想サーバもバックアップ

[高橋睦美,@IT]

 シマンテックは10月7日、バックアップ/リカバリソフトウェアの最新版「Symantec Backup Exec 12.5」および「Symantec Backup Exec System Recovery 8.5」を発表した。VMware ESX ServerやMicrosoft Virtual Server(Hyper-V)上で稼働する仮想サーバのバックアップ/リカバリ機能を強化している。

 Backup Execは主にファイルやアプリケーションのバックアップを、Backup Exec System RecoveryはOSも含めたシステム全体のイメージを取得するソフトウェアだ。システム障害や災害の発生時には、迅速にデータを復元することで、システムの運用を継続することができる。シマンテック独自のGRT(Granular Recovery Technology)により、Exchange ServerやSharePoint Server、Active Directoryなどのデータをきめ細かい単位でバックアップ/リストアできることを特徴としている。

 新バージョンでは、「VMware Virtual Infrastruvctureエージェント」と「Microsoft Virtual Serverエージェント」が追加された。物理的なサーバと同一のコンソールから、VMware、Hyper-Vといったハイパーバイザ上で動作する仮想サーバのデータをバックアップ/リストアできる。GRT技術も適用されており、仮想マシン全体のイメージだけでなく、ファイル/フォルダ単位でのリカバリが可能だ。

Symantec Backup Exec 12.5でVMwareの仮想サーバをリストア。ファイル単位でのリカバリが可能だ
同様にHyper-V上の仮想サーバについても、単一のコンソールからバックアップ/リストアできる

 また、3月に発表したWindows Server 2008シリーズへの対応を強化し、Windows Small Business Server 2008の管理コンソールとの統合などが図られた。

 さらに、バックアップ対象となるマシンのライセンス/インベントリ管理などを行う新しいツール「Backup Exec Infrastructure Manager 12.5」が追加された。シマンテックが買収したAltirisの技術をBackup Execに統合したもので、パッチやソフトウェアアップグレードの配布なども一元的に実行できる。

 価格は、Backup Exec 12.5が1サーバ当たり15万4200円、Backup Exec System Recovery 8.5は15万6000円。小規模企業向けに基本機能をまとめた日本独自のパッケージ「Backup Exec System Recovery 8.5 Basic Edition」は1サーバ当たり9万9000円など。1つのエージェントでバックアップ/リストアできる仮想サーバの数に制限はない。10月7日から順次出荷を開始する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。