連載
» 2008年10月21日 00時00分 公開

本音のWebサービスガイド(3):Google Chromeの隠し機能を使いこなしていますか? (1/3)

「起動や読み込みがすごく速いらしい!」と評判のGoogle Chromeを使ってみました。知っていると便利なアプリのショートカットや隠し機能なども紹介。

[江原顕雄,@IT]

話題のGoogle Chromeって何がすごいの?

 グーグルが提供しているWebブラウザ「Google Chrome」(グーグルクローム)。9月3日にリリースされ、「リリース1日でシェアの1%を獲得した(ITmedia News)」「起動や読み込みがすごく速いらしい!」と、何かと話題のWebブラウザです。

 今回はGoogle Chromeの拡張機能のインストールや設定の仕方に加え、前回の「Firefox」と同じく、今回も学生ホストエンジニアWeb担当者の4人のレビュアーがその使い勝手や感想を披露します。

律子さん「え、これクロームって読むんですか」★★★☆☆ 律子さん
「え、これクロームって読むんですか」
★★★☆☆
ホストくん「いま使っているIE 6とあんまり変わらない感じです」★★☆☆☆ ホストくん
「いま使っているIE 6とあんまり変わらない感じです」
★★☆☆☆
学生くん「Google Chromeをメインブラウザにしました!」★★★★★ 学生くん
「Google Chromeをメインブラウザにしました!」
★★★★★
ニール・セタカくん「Mac版、早く出してね(はあと)」☆☆☆☆☆ ニール・セタカくん
「Mac版、早く出してね(はあと)」
☆☆☆☆☆

 現在、Internet Explorerの6、7、8、Mozilla Firefox 3、Opera、Safariと第3次Webブラウザ戦争といっていいほど、いろいろなソフトがリリースされています。いったいGoogle ChromeはほかのWebブラウザと何が違うのでしょうか?

 まずはGoogle Chromeの特徴や機能について見ていきましょう。

Google Chromeの特徴って何?

 「Google Chromeって何がすごいの?」と同僚のエビちゃん風OLに聞かれたとき、「えー、Googleが作ったから……。何かすごいんじゃないかな……」なーんて答えたら、あなたの評価は大暴落するかもしれません。Google Chromeの特徴を簡単にまとめてみました。これを覚えておけば、他人に聞かれてもばっちりです。

機能面

  • シンプルで分かりやすいデザイン
  • 見やすい履歴機能
  • URL表示欄が検索ウィンドウも兼ねている「Omnibox」
  • スタートページには、よく利用するWebページが表示され、楽々アクセスできる
  • タブ型。各タブが独立したプロセスで動いているため、1つのタブがクラッシュしても全体が落ちない
  • 履歴やCookieが残らない「シークレットウィンドウ」を搭載
  • Webアプリケーションをクライアントプログラムのように扱える「アプリケーションのショートカット機能」
  • FirefoxとInternet Explorerからの各種設定を手軽にインポートできる

システム面

  • JavaScriptエンジンにV8を採用。JavaScriptの解釈が速い
  • レンダリングにWebKit(アップルのSafariと同じエンジン)を利用している
  • Webコンテンツ開発者向け機能が充実

 いかがでしょうか。以下に気になる部分をピックアップして解説をしていきます。

シンプルで分かりやすいデザイン

 Google Chromeはグーグルの検索ページと同様に、直感的に利用できるシンプルなデザインです。

 最近流行しているインターネットやメール機能に特化した小型ノートPCはもちろん、モバイルガジェットなど解像度が大きくない環境でも、シンプルなデザインのGoogle Chromeを使えば、よりたくさんのWebページ情報が表示できます。

シンプルなデザインのWebブラウザ シンプルなデザインのWebブラウザ

「Omnibox」で何でも検索

 Google Chromeには専用の検索窓がありません。「Omnibox」といわれる、URLを表示する欄に直接文字を入れてGoogleで検索できます(検索エンジンはGoogle以外のものを設定可能)。

 Googleの検索機能がダイレクトに使えるので、「Googleサジェスト」や「単位換算」「計算機能」などもOmniboxから直接できます。

 Googleの検索機能を多用しているユーザーは、いちいちGoogleのページにアクセスするひと手間が省略できるので、うれしいですね。

Omniboxにはさまざまな検索の方法がサジェストされる Omniboxにはさまざまな検索の方法がサジェストされる

シークレットウィンドウで足跡を残さない

 Web閲覧をしていると、過去に閲覧した履歴やCookieが残ってしまいます。Google Chromeの「シークレットウィンドウ」を使えば、それらのデータが残りません。複数人で1台のPCを共有している場合などはとても役立つ機能です。

閲覧した履歴やCookieを残さずに閲覧できる 閲覧した履歴やCookieを残さずに閲覧できる

一発でGmailにアクセスできる

 Webアプリケーションの利用中に手軽にGmailでメールする場合に便利な機能です。

 「アプリケーションのショートカット機能」を使えば、デスクトップやスタートメニュー、クイック起動バーにWebページのショートカットが作成され、通常のアプリケーションのようにクリック一発でWebのサービスが利用できます。

GmailやGoogleカレンダーのショートカット GmailやGoogleカレンダーのショートカット

Webコンテンツ開発者向け機能が充実

 Google Chromeの特徴の1つに、Webアプリケーション開発者向けの機能が充実していることが挙げられます。

 「ページメニュー」(ページのアイコン)→「開発/管理」を選べば、ページソースやJavaScriptのチェックができます。ページ上から右クリック→「要素を検証」をセレクトすれば、いま見ているソースのチェックや画像表示時間などが確認でき、Web制作時の参考になります。

見ているページのソースやJavaScriptがチェックできる 見ているページのソースやJavaScriptがチェックできる
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。