連載
» 2008年12月17日 00時00分 UPDATE

Gaucheでメタプログラミング(2):Gaucheでプログラミング (1/4)

Lispの一種であるScheme。いくつかある処理系の中でも気軽にスクリプトを書けるGaucheでLispの世界を体験してみよう(編集部)

[吉田裕美,有限会社イーワイオフィス]

 今回は、Gaucheを初めて使ってみようという方に向けて、Gaucheのインストールと、簡単なプログラムを題材に、どうやってGauche(Lisp)流のプログラムを書いていくかを取り上げてみます。

Gaucheのインストール

 GaucheはApacheやRubyと同様にオープンソースのソフトウェアですので、自分でダウンロードしインストールする必要があります。

 GaucheのWebサイトのダウンロードページから最新のソースを取得できます。現在のところサポートされているOSはUNIX系が中心で、Windowsではすべての機能を使うことができません。この連載でも、Mac OS Xを含むUNIX系のOSで動かす前提で進めていきます。

 Gaucheのインストールは、ソースをダウンロードしてコンパイルするのが基本ですが、いくつかのOSでは簡単にインストールできるパッケージが用意されています。筆者が知っているものには以下のようなものがあります。

  • UbuntuなどのDebian系のLinux:sudo apt-get gaucheでインストールされます
  • Mac OS X のPorts:sudo port install gaucheでインストールされます

 ただし、これらのパッケージは最新版ではないことがあるので注意してください。この原稿を書いている(2008年12月6日)時点で最新版のGaucheは8.1.4ですが、Debianでは8.1.2、Portsでは8.1.3がインストールされます。この程度の差であれば、この連載では問題ないと思います。

関連リンク:

Gauche - A Scheme Interpreter
http://practical-scheme.net/gauche/index-j.html


ソースコードからのインストール

 ソースコードからのインストールは、ApacheなどのC言語で書かれたオープンソースのソフトウェアと同様の手順です。

% wget http://prdownloads.sourceforge.net/gauche/Gauche-0.8.14.tgz
% tar xzf Gauche-0.8.14.tgz
% cd Gauche-0.8.14
% ./configure
% make
% make check

 make checkの実行結果の最後が以下のように0 failed, 0 abortedとなっていれば無事にGaucheがmakeできています。エラーが出ている場合は、エラーメッセージを注意深く読み、分からなければネットで情報を検索して、不足しているソフトウェアをインストールしたり環境を調整したりしてください。

Total:  9403 tests,  9403 passed,     0 failed,     0 aborted.

 後はインストールすれば終了です。

% sudo make install

 Gaucheのコマンド名はgoshです。-Vオプションを付けてインストールされたGaucheのバージョンを確認してみましょう。

% gosh -V
Gauche scheme interpreter, version 0.8.14 [utf-8,pthreads]

Windowsでのインストール

 ダウンロードページから実験版をインストールできます。ファイルIOやネットワーク、RDBなどのないSchemeのプログラミングを行うことはできると思いますが、この連載で作るコードには動かないものが出るかもしれません。

 それよりは、VMware PlayercoLinuxを使ってLinuxをWindows上で動かし、そこにGaucheをインストールすることをお勧めします。UNIX系のOSに不慣れな方は多少苦労するかもしれませんが、UNIXの知識はソフトウェア技術者には必要なものですし、@ITにもたくさんの記事がありますので、ぜひトライしてみてください。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。