連載
» 2017年11月17日 05時00分 公開

Tech TIPS:Windowsのdiskpartコマンドでディスクのパーティションを操作する (3/3)

[打越浩幸, 島田広道,共著]
前のページへ 1|2|3       

パーティションやボリュームの削除

 パーティションやボリュームを削除するには、対象となるパーティションかボリューム(いずれでもよい)を選択した上で*2、「delete 〜」コマンドを実行する。

*2 ボリュームの選択時には、「select vol d:」のようにドライブ名で指定してもよい。ボリュームを削除する場合は、間違えないようにボリューム番号ではなくドライブ名を使うのがよいだろう。Windows OSのディスク管理では、ディスク番号とボリューム番号は0から始まるのに対し、パーティション番号は1から始まるので間違いやすいからだ。


ボリュームの削除 ボリュームの削除
ボリュームを選択してから、deleteコマンドでボリュームを削除する。ボリュームを削除するとパーティションも自動的に削除される。ただし場合によってはパーティションがまだ残っていることもあるので、その場合はさらに「select partition 〜」「delete parition」でパーティションも削除する。

 ボリュームに対して割り当てたドライブ文字やマウントポイントを削除するには、「remove 〜」コマンドを使う。

ボリュームの拡大

 パーティションやボリュームの構成によっては、サイズを拡大したり、縮小させたりできる。一般的な単独のHDDあるいはSSDではあまり関係ないが、例えばハードウェアRAIDシステムなら、新しいディスクに交換することによって、OSから見たディスクのサイズを動的に増減させることができるものがある。

 またHyper-Vのような仮想化システムや.VHD/.VHDXのような仮想ディスクでも、簡単に仮想ディスクサイズを拡大できる。

 ディスクのサイズが変わって現在のパーティションの直後に空きができると、その分だけパーティション(および、そこに含まれるボリューム)サイズを拡張できる。

 このためには「extend 〜」コマンドが利用できる。ただし拡大するためには幾つかの条件がある。例えばファイルシステムがNTFSであること、システムパーティションでないこと、直後に未割り当て領域があること、などである。詳しい条件やextendコマンドの使い方については、TIPS「ディスクボリュームを拡張する」を参照していただきたい。

ボリュームの拡張 ボリュームの拡張
あるパーティションの後ろに空き領域(未割り当て領域)があれば、その部分と結合させて、パーティションサイズを拡大できる。

ボリュームの縮小

 拡大ではなく、現在のボリュームの末尾にある未使用領域を解放して、ボリュームとパーティションサイズを縮小することも可能である。これについても幾つか条件があるので、詳しい操作方法はTIPS「ディスクボリュームを縮小する」を参照していただきたい。

 diskpartコマンドでは、Hyper-Vなどの仮想マシンで使われる仮想ディスク(.VHD/.VHDXファイル)のサイズも変更できる。それには「attach vdisk 〜」「expand vdisk 〜」コマンドを利用する。その使い方については、TIPS「仮想ディスクをコマンドラインから拡大/縮小する」を参照していただきたい。

ディスクをGPT形式に変換する

 ディスクサイズが2TBを超えている場合、従来のパーティションテーブルの形式である「MBR(マスターブートレコード)」形式では、ディスク全体を使うようなパーティションを作成できず、全容量を使い切ることができない。

 こうした場合は、最初にディスクを「GPT(GUIDパーティションテーブル)」形式に変換しておく*3。このためには、ディスクを選択後、パーティションが1つもないことを確認してから「convert gpt」コマンドを実行する。

*3 OSのバージョンによっては、2TB以上のディスクに対してcreateコマンドを実行すると、自動的にGPT形式に変換してからパーティションを作成してくれる。だが古いWindows OS(Windows 7など)のdiskpartコマンドでは、MBR形式のままでパーティションを作成するので、注意が必要である。2TB以上のディスクをMBR形式で利用すると、先頭の2TBしかアクセスできなくなる(2TBを超える部分は無視される)。


 もしパーティションが残っていたら、データをバックアップした後に「clean」コマンドでディスクを初期化するか、パーティションを削除してからGPTに変換する。cleanコマンドの詳細はTIPS「diskpartのcleanコマンドでディスクの内容を消去する」を参照していただきたい。

ディスクをGPT形式にする ディスクをGPT形式にする
MBR形式では最大2TBまでしか管理できない。それよりも大きなサイズのディスクを使いたい場合はGPT形式にする。またUEFIでシステムをブートしたい場合も、GPT形式が必要になる(2TB以下のディスクでもGPT形式を利用できる)。

 GPT形式のディスクであっても、パーティションやボリュームの作成・管理方法は同じである。「create partition primary 〜」や「format 〜」コマンドなどを使えばよい。

 GPTや2TBを超えるディスクの取り扱い方については、PCハードウェア強化ラボ「2TB超ディスクをデータ用ストレージとして利用する」が詳しいので参照していただきたい。

■更新履歴

【2017/11/17】最新のWindows OSに対応して、内容を更新しました。

【2015/03/06】Windows 7/Windows 8.x/Windows Server 2008 R2/2012/2012 R2の情報を反映しました。

【2008/12/26】初版公開(対象OSはWindows 2000/Windows XP/Windows Server 2003/Windows Vista/Windows Server 2008)。


前のページへ 1|2|3       

Copyright© 1999-2018 Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。