連載
» 2009年02月27日 00時00分 公開

Hive――RDB使いのためのHadoopガイド(前編):Hadoop+Hive検証環境を構築してみる (1/3)

Hadoop HiveはHadoop上でSQLライクなクエリ操作が可能なDWH向けのプロダクトです。SQLに近い操作が可能なため、HBaseよりもデータベースに慣れ親しんだみなさんには使い勝手がいいかもしれません。本稿ではこのHiveの使い方とレビューを行っていきます。

[鈴木啓修,InterDB]

Hiveとは

 Hiveは、オープンソースの大規模分散計算フレームワークHadoop上で動作するデータウエアハウス(Data Warehouse:DWH)向けのプロダクトです。

 Hadoopは、グーグルが社内で利用しているGFSとMapReduceのオープンソース版です。詳細は次の記事を参照してください。

 HiveはHiveQLというSQL風の言語でHadoop上のデータを操作できます。Hadoop上のデータベースというとHBaseが有名ですが、HiveはHDFSに対してよりユーザーフレンドリなインターフェイスを提供するもので、HBaseとは根本的に存在意義が異なります。

●図1 HadoopとHiveの概念

注:HDFSはHadoopが採用している分散ファイルシステム。 注:HDFSはHadoopが採用している分散ファイルシステム。

 HiveはFacebookで開発され、2008年12月に正式にHadoopプロジェクトに寄贈(contribute)されました。

 最新バージョンが0.19.1と、まだバージョンも若く、機能もドキュメントも不足していますが、すでにFacebook社内では2000台のサーバ上で稼働しているようで、今後の進展にも期待が持てるプロダクトです。

 実際、2月20日にリリースされた0.19.1ではマイナーバージョンアップにもかかわらず、副問い合わせ(サブクエリ)をはじめ、文字列の連結concat( )や切り出しsubstr( )などの文字列関数、count( )やmin( )、max( )の集約関数など、多くの機能追加がありました。Hiveに関する基本的な情報源を下のコラムに示しますので、これらのドキュメントも参考にしてみてください。

 次ページからは、実際にHadoop環境を手元のマシン上に構築し、Hiveの基本的な操作を試していきます。

コラム◆Hiveの基本情報

 Hiveについての基本的な情報は下記Webサイトにまとめられています。本稿とあわせて参考にしてください。


       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。