ニュース
» 2009年03月02日 00時00分 公開

日立、NTTコミュニケーションズ、美和ロックが共同開発:ドアノブを握ると個人認証、解錠するシステム

[西村賢,@IT]

 日立製作所とNTTコミュニケーションズ、美和ロックは3月2日、人体や物の表面に発生する電界を利用した通信技術「RedTacton」(レッドタクトン)を使った入退室管理システムを共同開発したと発表した。

 開発したシステムは、人体や物の表面に発生する電界を利用した通信技術「RedTacton」を利用。カードキーを携帯した利用者が、アンテナ内蔵のドアノブを“握る”か、アンテナ内蔵の廊下を“歩く”ことで個人を識別して認証処理を行う。従来のようにICカードなどをリーダー部にかざすことなく、意識しない接触により認証を行うことができるという。

 3社では、オフィス入口などに設置するフラッパーゲートや、監視カメラ、指静脈認証装置、防災設備、侵入検知センサーなどとの接続・連携により、ビル・施設全域をカバーする統合型セキュリティシステムの提供が可能としてい。

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。