連載
» 2009年04月16日 00時00分 UPDATE

製品レビュー:Internet Explorer 8(前編) (1/5)

レンダリング・エンジンを一新、描画性能の向上と機能強化を図ったマイクロソフトの最新WebブラウザIE8。これでブラウザ戦争を勝ち抜けるか?

[打越浩幸,デジタルアドバンテージ]
  Internet Explorer 8(前編)[製品レビュー]
Windows Server Insider

 

「  Internet Explorer 8(前編)[製品レビュー]」のインデックス

連載目次

 2009年3月20日にInternet Explorerの新版「Internet Explorer 8(以下IE8)」の正式版がリリースされた。前版のIE7の正式リリースは2006年11月2日だったので、約2年半ぶりのバージョンアップということになる。今後はWindows Update/Microsoft Update/自動更新による提供開始も予定されているし、2009年後半にも登場するWindows 7でも標準搭載されることから、広く普及することが予想される。本稿では、このIE8について2回に渡って解説する。今回は主にそのユーザー・インターフェイス面での進化について解説し、後編ではセキュリティやネットワーク、管理者向けの機能などについて解説していく。

wi-ie801.gif 2年半ぶりにリリースされたIEの新版、IE8
パフォーマンスの向上やWeb標準規格への厳密な準拠、進化したユーザー・インターフェイス、向上したセキュリティ機能などを特徴とする。

IE8の概要

 タブ・ブラウザに進化したIE6からIE7への変化と比較すると、IE8のユーザー・インターフェイスはほぼIE7と同じように見える。だがその機能は大幅に強化されている。ユーザー・インターフェイスが改良されただけでなく、パフォーマンスや標準規格への準拠、セキュリティなども大きく進化している。IE8に関する情報については、以下の情報も参考にしていただきたい。

IE8の入手とインストール

 IE8は現在、マイクロソフトのダウンロード・センターから入手してインストールすることができる(各メーカーやベンダから、独自にカスタマイズ/ブランディングされたバージョンも提供されている)。利用可能なOSは、IE7と同様、Windows XP SP2/SP3、Windows Server 2003 SP2、Windows Vista、Windows Server 2008の32bit/64bit版である。

 前述のとおり、今後はWindows Update/Microsoft Update/自動更新による提供開始も予定されている。現在のところ、IE8のベータ版やRC版をインストールしていると自動更新に列挙されるので、ユーザーがそれを選択してインストールすることが可能になっている。だが一般ユーザー向けにはまだ自動更新での提供は開始されていないし、いつから提供されるかというスケジュールもまだ告知されていない(米国では4月下旬より開始されるといわれているが、日本語版については現時点では未定ということだ)。

 将来IE8が自動更新で提供されるようになると、一般ユーザーが間違ってインストールしてしまう可能性がある。しかし従来のバージョンでもそうだったように、互換性のことなどを考えると、IE8のインストールは管理者の指示があるまで控えておくべきだろう。このためには、自動更新が始まってもインストールされないように設定しておく必要がある。具体的には、IE8のブロック・ツールなどを使って、自動更新で適用されないようにする。具体的な手順については以下の記事を参照していただきたい。

IE8のインストールとアンインストール

 IE8をインストールするには、ダウンロードしたIE8のバイナリを管理者権限で実行すればよい。インストール後にシステムを再起動すると、IE8の「おすすめ」や「アクセラレータ」などの機能(後述)を使用するかどうかなどを問い合わせるウィザードが表示されるので、デフォルトのまま進めておけばよい。

wi-scr23.gif IE8のバージョン・ダイアログ

 互換性の問題などで(以前のバージョンに戻すために)IE8をアンインストールしたければ、[コントロール パネル]の[プログラムの追加と削除]で削除する。なおIE7と同様に、IE8にもメール・ソフトウェア(Windows XP/Windows Server 2003ならOutlook Express)は含まれていない。IE8をインストールしても、メール・ソフトウェアは元のものをそのまま継続して利用することになる。

wi-scr24.gif IE8のアンインストール
IE8のアンインストールは、[コントロール パネル]の[プログラムの追加と削除]から行う。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright© 1999-2017 Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。