連載
» 2009年04月28日 10時00分 UPDATE

D89 デザインTips - デザインのハウツーテクニック集(1):Photoshopとは (1/3)

[山崎基央, 福田寅成,@IT]

Photoshopを知っていますか?

 Adobe Photoshop(以下、Photoshop)はデジタル画像編集アプリケーションソフトウェアです。写真の編集やCGの描画、動画の編集など、さまざまなデジタル画像を描画・編集できるのが特徴です。また、プラグインの仕様が公開されているため、さまざまなサードパーティ製のソフトウェアを追加機能として使用できます。

 Photoshopは、1990年にバージョン1が発表されました。その後、最新のCS4(バージョン11)に至るまでさまざまな機能が追加されアップデートされ続けています。大きな変更としては、バージョン3で、レイヤ機能が追加され、バージョン5でヒストリー機能が追加されました。バージョン7では、専用のファイルブラウザが搭載され、ペイント系のツールの強化がされました。

 バージョン8からは新たに「CS(Creative Suite)」という名前が付けられ、CameraRaw形式の現像が可能になりました。そしてCS4では、新しいユーザーインターフェイスが搭載され、ほかのCS4製品とのより濃い連携が可能になりました。

Photoshopを起動してみよう

 Windowsであればスタートメニュー、Mac OS Xであればドックから「Adobe Photoshop CS4(CS3)」という項目があるので、クリックして起動しましょう(「Adobe Web Premium CS4(CS3)「Adobe Design Premium CS4」「Adobe Master Collection CS4」など購入された製品によってはPhotoshopの入っているメニューフォルダの名前は異なります)。

CS4のアイコン

Adobe Photoshop CS4のアイコン

CS3のアイコン

Adobe Photoshop CS3のアイコン


Photoshopのユーザーインターフェイス

 Photoshopのユーザーインターフェイスについて、簡単に見ていきましょう。ツールの各要素を確認してください。

図 Photoshopのユーザーインターフェイス 図 Photoshopのユーザーインターフェイス(画像をクリックすると拡大します)
  • アプリケーションバー
    従来、タイトルバーだったエリアがCS4よりアプリケーションバーになった。より汎用的な操作できるツールが格納されている
  • メニューバー
    機能別に構成されたメニューが格納されている。画像の新規作成やヘルプなどは、このエリアから行う
  • オプションバー
    現在選択されているツールのオプション機能が表示されている
  • タブ(ドキュメントウィンドウ)
    複数の画像を編集している際にタブで表示される。CS4から新しく導入された
  • ツールパネル
    Photoshopで使うツールが格納されている。ツールは関連のあるものがグループ化されている場合がある
  • 機能パネルドックと展開されたパネル
    各パネルはアイコン化することで「ドック」に小さく格納できる。また、図のように「ドック」から展開して表示することもできる
  • ワークスペース切り替えコントロール
    Photoshop全体の各パネルのレイアウトの状態を「ワークスペース」という。ワークスペースを自分の好きなようにカスタマイズし、保存できる。また、初期状態に戻すこともできる
  • アイコンパネル化ボタン
    パネルのグループをアイコン化して格納できる
  • ドッキングしたパネルグループ
    パネルは縦方向にドッキングして整列できる
  • ドキュメントウィンドウ
    作業中のファイルが表示される
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。