連載
» 2009年04月28日 10時00分 UPDATE

D89 デザインTips - デザインのハウツーテクニック集(1):Photoshopとは (2/3)

[山崎基央, 福田寅成,@IT]

Photoshopで新しくファイルを作るには

 Photoshopで新しくファイルを作るには、左上にある[ファイル]メニューから[新規作成]を選択してください。すると、図1のようなダイアログが出てきます。

図1 ファイル新規作成ダイアログ 図1 ファイル新規作成ダイアログ

 何を作るのか決めないと、ファイルの設定はできません。本稿では、「デスクトップ用のフォルダアイコン」を作るという想定で設定してみましょう。そのためにはまず、作るものの大きさを決めなければなりません。

5つの設定項目

 幅と高さを設定するときの単位は、Web用の素材であれば「pixel(ピクセル。以下、『px』)」が妥当でしょう。[幅][高さ]の項目の横にコンボボックスが「mm(ミリメートル)」となっていた場合、クリックして[pixel]に変更しましょう。

 その後にある[解像度]という項目ですが、初期設定で72pixel/inch(ピクセル・パー・インチ。略すると、「ppi」)となっています。pixelは点を表します。この項目の意味は、「1インチ当たり何ピクセルあるか」です。Web用の素材であれば、この72ppi(dpi)という単位が標準で、印刷用の素材の場合は300ppi(dpi)ぐらいが標準とされています(dpiとは、dot/inchの略です。この場合、ほぼppiと同義になります)。

 次に[カラーモード]ですが、「RGBカラー 8bit」となっていると思います。これもこのままでよいでしょう。印刷用途の画像の場合は、「CMYK」というモードになります。[カラーモード]の違いについては後のTipsで解説予定です。

 最後に[カンバスカラー]ですが、デフォルトで「白」に設定されています。カンバス(キャンバス、画像の下地)の色の設定です。ここをクリックすると、「透明」「背景色」が選べます。今回はデフォルトの白のままの設定にします。

アイコン用ファイルの設定

 アイコン用ファイルの幅と高さの設定ですが、現在「幅 512 pixel」「高さ 512 pixel』となっていると思います。OS(Windows Vista)標準サイズとされている大きさは、256×256px、128×128px、48×48px、32×32px、24×24px、16×16pxです。(64×64pxを使用する場合もあります)Photoshopでは、画像を拡大することよりも縮小することの方が得意であり、その縮小もできれば割り切れる数での縮小が望ましいです(理由は後のTipsで解説予定です)。

 以下の設定でファイルを作成しましょう。

  • [幅] 512 pixel
  • [高さ] 512 pixel
  • [解像度] 72 pixel/inch
  • [カラーモード] RGBカラー 8bit
  • [カンバスカラー] 白
図2 実際に行った設定 図2 実際に行った設定

 設定を確認できたら、[OK]を押します。すると、画面が切り替わって図3のようになります。

図3 空の新規ファイル画面 図3 空の新規ファイル画面(画像をクリックすると拡大します)

ファイルの保存

 空のままですが、いったんこのファイルを保存してみましょう。

 [ファイル]メニューから[別名で保存]を選択し、デスクトップなどに「icon.psd」という名前で保存してください。拡張子「psd」はPhotoshopファイルを表す拡張子です。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

Focus

- PR -

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。