連載
» 2009年05月21日 00時00分 UPDATE

インタビュー特集:Google直伝!(3):本当はすごい、知られざるGoogle Maps APIたち!! (1/3)

数多く存在するGoogle MapsのAPIや機能のうち、あまり知られていないものや新しいもの、とっておきをGoogle担当者に聞いた

[川俣晶,ピーデー]

 「商業利用もOK! Google Mapsについて知りたいこと」に続くGoogle Mapsインタビューの後編は、数多く存在するGoogle Maps関連のAPIや機能のうち、あまり知られていないものや新しいものをグーグルのソフトウェアエンジニア、淺川浩紀さんに聞いた。

Code Playgroundでオンライン編集

 まずは、即効性のあるものからいこう。

 Googleが持つ多くのAPIは、Webブラウザ上からJavaScriptによって呼び出せる。JavaScriptはコンパイルの手順なしに書けば実行できるので手軽である。しかし、だからAPIを試すのも簡単だとは限らない。例えば、Google Maps APIなら正しいGoogle Maps APIキーを用意したり、適切な文書にプログラムを埋め込んだりする作業を行い、それをWebブラウザで開かねばならない。

グーグルのソフトウェアエンジニア、淺川浩紀さん グーグルのソフトウェアエンジニア、淺川浩紀さん。
「意外と知られていないAPIがたくさんあるのでぜひ試してほしい」

 この手間は割と大きな負担なので、ちょっと興味がある……という程度ではなかなか試せなかったかもしれない。

 しかし、いまはCode Playgroundというナイスなサービスが存在する。

 このサービスはあらゆる面倒な準備なしに、即座にAPIを試してみることができる。

 ⇒ AJAX APIs Playground

AJAX APIs Playground AJAX APIs Playground 表示されたサンプルソースがそのまま編集でき、“Run Code”をクリックすると即座に実行できる

 例えば、Google Maps APIを試すなら、左上のリストからMaps API→Maps Examples→Maps Simpleと選ぶと、最もシンプルなサンプルソースが右上に表示され、実行結果が下に表示される。

 しかし、それだけではない。実は表示されたサンプルソースはそのまま編集でき、“Run Code”をクリックすると即座に実行できる。例えば、アメリカが表示されてもよく分からないから、渋谷をもっと拡大して表示できるか試したい、と思ったら、緯度経度と拡大率を指定する値をその場で書き換えられる。

37.4419, -122.1419), 13

35.656237,139.699482),18

渋谷が拡大して表示された 渋谷が拡大して表示された 緯度経度と拡大率を指定する値などもその場で書き換えられる

 そのほかに、ワンクリックで解説ドキュメントを開いたり、HTML込みのフルソースの編集モードに移行したり、“Debug Code”でデバッグモードに移行することもできる。

 まさに、試行錯誤的にAPIを使い倒して納得したい場合には、とても便利なサービスだろう。

Utility libraryは追加コードが不要

 APIを使っていると、APIが提供する機能が微妙に意図した機能と食い違っていて、快適な使い勝手を実現できないことがある。

 それらは、追加のコードを書けば解決できることも多いが、意外と手間を食うことも多い。

 そのようなケースで活用できるのがUtility libraryである。

Utility library Utility libraryには常々、使いたいと思いながら自分で作るのは面倒な機能がそろっている

 これがGoogleと外部の開発者が協力して開発しているオープンソースのライブラリ群だ。

 例えばマーカーが多くなり過ぎるとパフォーマンスが悪化する問題を解決するために、MarkerManagerというライブラリが開発されている。

 このような、常々、使いたいと思いながら自分で作るのは面倒な機能がそろっている。これらを使うだけで、ひと味違う地図アプリが容易に作成できるだろう。このような周辺領域の盛り上がりも、Google Maps APIを使う面白さの1つといえる。

 ⇒ Utility library

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。