連載
» 2009年06月26日 00時00分 UPDATE

ネットワークの基礎を学習する CCNA対策講座(20):VLAN操作を容易にするVTPの機能 (2/2)

[齋藤理恵,グローバル ナレッジ ネットワーク]
前のページへ 1|2       

VTPの設定・確認

 VTPの設定ステップは以下のとおりです。

(1)VTPドメイン名を設定
(config)#vtp domain <ドメイン名>

 同一ドメイン内に所属させたいスイッチは共通のドメイン名を設定します。ドメイン名は大文字、小文字も区別されるので注意が必要です。

(2)VTPモードの設定
(config)#vtp mode {server | client | transparent}

 デフォルトはサーバモードとして動作します。

(3)パスワードの設定(オプション)
(config)#vtp password <パスワード>

 セキュリティ強化の目的からパスワードを設定することも可能です。ドメイン名と同様に同一ドメイン内のスイッチで共通のパスワードが必要です。

(4)VTPの確認
#show vtp status

 リビジョン番号、ドメイン名、モードの確認が可能です。

Switch#show vtp status    
VTP Version :2  
Configuration Revision :1 ←リビジョン番号
Maximum VLANs supported locally :255  
Number of existing VLANs :5  
VTP Operating Mode :Server ←モード
VTP Domain Name :CCNA ←ドメイン名
VTP Pruning Mode :Disabled  
VTP V2 Mode :Disabled  
VTP Traps Generation :Disabled  
MD5 digest :0x57 0xCD 0x40 0x65 0x63 0x59 0x47 0xBD
Configuration last modified by 10.1.1.4 at 3-3-93 20:08:05 

確認問題3

問題

 VTPドメイン名をCCNAに設定するコマンドを選択しなさい。

a.(config)#vtp domain CCNA

b.(config)#vtp domain ccna

c.#vtp domain CCNA

d.(config)#vtp CCNA name

e.(config)#vtp domain name CCNA

正解

 a

解説

 VTPドメイン名の設定コマンドはグローバルコンフィグレーションモードで(config)#vtp domain <ドメイン名>です。従って選択肢aが正解です。

 選択肢bは、ドメイン名が小文字です。ドメイン名は大文字、小文字が区別されるので注意が必要です。選択肢cはモードが異なります。選択肢d、eはコマンドが異なります。

筆者プロフィール

齋藤理恵(さいとうりえ)

グローバル ナレッジ ネットワーク ソリューション本部に在籍。Cisco認定トレーナー。トレーナー暦は11年。マイクロソフト、サン・マイクロシステムズ、シスコシステムズなどIT業界でトレーナーとして活動。現在は、グローバル ナレッジ ネットワークで、Cisco認定トレーニングコース(CCNA、CCNP)、ネットワーク系オリジナルコースを中心に講師を担当している。グローバル ナレッジ ネットワーク講師寄稿記事一覧はこちら


前のページへ 1|2       

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

TechTargetジャパン

iPhone 6 Plus SIMフリー版、プレゼント!
Loading

ホワイトペーパー(TechTargetジャパン)

注目のテーマ

Focus

- PR -

転職/派遣情報を探す

【転職サーチ】SIer/Web企業/新規事業 スマホ開発で、あなたのキャリアを生かす

「派遣・フリーで働くメリット」とは? 活躍する派遣エンジニアの本音

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。