連載
» 2009年08月27日 00時00分 公開

Windows 7新時代:第1回 Windows 7の概要 (1/4)

次期クライアントOS「Windows 7」の新コーナーがスタート。Vistaの後継となる新OSの実力やいかに。今回はWindows 7の概要について解説する。

[打越浩幸,デジタルアドバンテージ]
Windows 7新時代
Windows Server Insider

 

「Windows 7新時代」のインデックス

連載目次

 Windows Vistaの後継となるクライアント向けOS、Windows 7の開発が完了し、2009年10月22日に正式に販売が開始されることになった。すでにOEM向けやTechNet/MSDNのサブスクライバ・ダウンロード向けなどでは提供が開始されている。

 Windows 7はWindows Server 2008 R2と同時に開発され、共通のカーネル・コンポーネントを利用している。またネットワークやセキュリティなど、コアとなる機能や役割などはWindows Server 2008 R2と同様にサポートされているし、協調して動作する機能も少なくない。本連載では、主にIT管理者の視点から見たWindows 7の機能について解説していく。初回となる今回は、Windows 7のエディションやシステム要件、機能の概要などについて解説する。機能の詳細な解説は次回以降、順次行っていく。

Windows 7とは

 Windows 7は、Windows Vistaをベースに、機能やセキュリティ、パフォーマンスなどの面において、さまざまな改良を行ったクライアントOSである。Windows Vista(2006年11月にRTM)はリリースされてから3年弱経過しているが、残念ながら広く普及したとはいえず、まだWindows XPを使っているユーザーや企業も少なくない。Windows Vistaは、3Dグラフィックス機能などを駆使して、使いやすいユーザー・インターフェイスを実現したOSであったが、要求するハードウェア仕様が少し高く、また一般的な用途ではWindows XPで十分なこともあって、Windows Vistaへの切り替えは期待されたほど進んでいないようである。

 Windows 7の開発に当たっては、機能を追加するだけではなく、例えばメモリ使用量を抑えるための改善なども施され、機能や操作性が大きく向上しているにもかかわらず、Windows Vistaよりも軽く、使いやすくなっているように感じられる。

Windows 7 Ultimateのデスクトップ
一見するとWindows Vistaと同じように見えるが、触ってみると細かい部分が改良され、使いやすい。同じハードウェアであっても、Windows Vistaよりも快適に利用できる。

●関連記事(Windows Server Insider)

Windows XPからWindows 7への移行ノウハウを知りたい!なら

XP→Win7移行支援記事集


       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 1999-2018 Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。