連載
» 2009年08月28日 00時00分 UPDATE

【改訂版】Eclipseではじめるプログラミング(10):Javaの実案件に必須のパッケージとインポートを知る (1/3)

これからプログラミングを学習したい方、Javaは難しそうでとっつきづらいという方のためのJavaプログラミング超入門連載です。最新のEclipse 3.4とJava 6を使い大幅に情報量を増やした、連載「Eclipseではじめるプログラミング」の改訂版となります

[小山博史,株式会社ガリレオ]

長いクラス名と短いクラス名の違い、分かっていますか?

 Javaには、クラス名を一意に決めることができるように、「パッケージ」という仕組みでクラスをフォルダでまとめたものを一意に決めることができます。今回は、このパッケージについて解説します。

 これまでの連載で紹介したサンプルコードでは、「Sample90」のような短いクラス名と「java.util.ArrayList」のような長いクラス名が出てきました。パッケージを理解すると、これらの違いが分かるようになります。

 EclipseでJavaプログラミングを始める準備がまだの方は、連載第1回の「Eclipse 3.4で超簡単Javaプログラミング基礎入門」で準備をしておいてください。

多くのクラスを使い分けるのに便利な「パッケージ」とは

 パッケージ(package)は「小包」という意味になりますが、その意味から想像できるようにクラスをグループにまとめるものになります。これはどんな場面で必要になるのか、考えてみましょう。

「System」というクラス名は付けてはいけない?

 例えば、独自に作成するアプリケーションにおいてシステムを表すクラスに「System」という名前を付けたいとします。しかし、JavaではすでにSystemクラスが用意されているので、このSystemという名前をそのまま使うことはできません。こんなときは、独自のパッケージ「app」を用意して、システムを表すクラスSystemをパッケージappへ含めるようにします。こうすると、システムを表すクラス名は「app.System」となります。この結果、自分で作成したapp.SystemとJavaで用意されているSystemとは明確に区別できます。どうでしょう、何となく便利そうだということが分かるでしょうか。

 このように、Javaが提供しているクラス以外に独自に作成したクラスについてはパッケージを作ってまとめておくと、同じ名前のクラスも使えますし、既存のクラスと簡単に区別を付けることもできます

パッケージでクラスは“分類”できる

 また、パッケージを使うとクラスの分類もできます。例えば、先に出てきたjava.util.ArrayListは「java.util」パッケージに含まれるArrayListクラスという意味になります。こういったユーティリティ的な使い方をする便利なクラスはjava.utilパッケージに用意されています。

 また、データ入出力用のクラスは「java.io」パッケージにまとめられています。このように、Javaで用意されているクラスもさまざまなパッケージに分類されているのです。

 以下に、Javaの代表的なパッケージを紹介しておきます。

パッケージ名 パッケージの内容
java.awt awtはAbstract Window Toolkitの略。GUIアプリケーション作成時に使う
java.io データストリームやファイルシステムなどによるシステム入出力用クラスが含まれている
java.lang 基本クラス。ここに含まれるクラスはパッケージ名を省略して使うことができる
java.net ネットワーク対応アプリケーション作成時に使う
java.util プログラムを作成するに当たって便利なコレクションフレームワークやユーティリティクラスが含まれている。例えば、日時機能、乱数ジェネレーターなどがある
表 Javaの代表的なパッケージ

 ほかにも、Javaには標準でさまざまなパッケージが存在します。JavaDoc(「Java Platform, Standard Edition API 仕様」最新バージョンは6)もご参照ください。

Eclipseでパッケージを作成するには

 パッケージの意味について理解したところで、実際にEclipseでパッケージと、それに含まれるクラスを作成してみましょう。

Eclipseでパッケージを作ってみる

 まずは、「sample」というパッケージを作成してみましょう。Eclipseを起動し、パースペクティブを[Java]に切り替えておいてください。

  1. [パッケージ・エクスプローラー]の[Sample]をマウス右ボタンでクリック
  2. 表示されるポップアップメニューで[新規]→[パッケージ]を指定
  3. 表示される[新規Javaパッケージ]ダイアログで、[名前]にsampleと入力
  4. [終了]ボタンをクリック
図1 [新規]→[パッケージ]を選択 図1 [新規]→[パッケージ]を選択
図2 [新規Javaパッケージ]ダイアログ 図2 [新規Javaパッケージ]ダイアログ
図3 パッケージができたときのEclipse画面 図3 パッケージができたときのEclipse画面

 これでsampleパッケージが作成され、Eclipseの画面では[パッケージ・エクスプローラー]にsampleパッケージが追加されます。

 次ページでは、引き続きEclipseでパッケージに含まれるクラスを作る方法を紹介し、キーワード「package」「import」について説明します。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Touch Barという新UIを得た「MacBook Pro」、プレゼント!

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。