連載
» 2009年09月29日 00時00分 公開

ZABBIXで脱・人手頼りの統合監視(2):ZABBIXのインストール (1/4)

この連載では、オープンソースの運用監視ソフトウェア「ZABBIX」ではどんなことができるのかを、実際の使い方とともに紹介していきます(編集部)

[森山将之,ミラクル・リナックス株式会社]

 前回「あなたの運用管理が十分にうまくいかないワケ」ではシステム監視の必要性とソフトウェアの選定を行いました。今回は、CentOS 5.3の環境で、ZABBIX 1.6.5をソースコードからビルドしてインストールする方法を解説します。yumコマンドからインストールすることも可能ですが、今回はあえてソースコードからのインストールについて説明します。ここでは、RDBMSとしてMySQLを使用し、ZABBIXサーバおよびZABBIXエージェントのすべての機能を有効にしてインストールを行います。

インストール前の準備

 ZABBIXサーバのインストールを行う前に、作業に必要となるアプリケーションをインストールする必要があります。まずその手順と設定を解説します。

MySQLのインストール

 ZABBIXの監視記録を保管するMySQLサーバとMySQL用開発パッケージをインストールします。rootユーザーでログインして次のコマンドを実行します。

# export LANG=C
# yum install -y mysql-server mysql-devel

 MySQLデータベースサーバの設定ファイルである/etc/my.cnfを以下のように修正します。

[mysqld]
datadir=/var/lib/mysql
socket=/var/lib/mysql/mysql.sock
user=mysql
# Default to using old password format for compatibility with mysql 3.x
# clients (those using the mysqlclient10 compatibility package).
old_passwords=1
default-character-set=utf8            ← この行を追加
skip-character-set-client-handshake   ← この行を追加
[mysqld_safe]
log-error=/var/log/mysqld.log
pid-file=/var/run/mysqld/mysqld.pid

 MySQLデータベースサーバを起動します。

# service mysqld start

 MySQLデータベースにログインします。

# mysql -uroot

ZABBIX用データベースの作成

 ZABBIX用のデータベースを作成します。

mysql> create database zabbix;

 接続ユーザー「zabbix」を作成し、パスワードを設定します。下記の場合、接続ユーザーzabbixは、zabbixデータベースに対してすべての権限を有するように設定しています。

mysql> grant all privileges on zabbix.* to zabbix@localhost identified by 'zabbixpassword';
mysql> flush privileges;
▼注:上記の設定例で示しているパスワードは「zabbixpassword」となっていますが、適切なパスワードを設定して利用するようにしてください。これより後の入力例に出てくるzabbixpasswordも同様に、ここで設定したパスワードを入力します。

 MySQLデータベースからログアウトします。

mysql> exit

 OS起動時に自動的にMySQLデータベースサーバが起動するように設定します。

# chkconfig mysqld on

ApacheとPHPのインストール

 ZABBIXサーバのWebインターフェイスを利用できるようにするために、ApacheとPHPをインストールします。

# yum install -y httpd php php-gd php-bcmath php-mysql php-mbstring

開発ツールのインストール

 ソースコードをコンパイルしてビルドするために必要な、Cコンパイラなどの開発ツールをインストールします。yumのgroupinstallコマンドで「Development Tools」グループをインストールすると、必要な開発ツールを一括してインストールできます。

# yum groupinstall -y "Development Tools"

ZABBIXの機能を利用するために必要なパッケージのインストール

 ZABBIXサーバが有している監視機能をすべて利用するためには、以下のソフトウェアやライブラリが必要です。

ライブラリ名 説明
fping pingによる死活監視を利用する場合に必要なソフトウェア
iksemelライブラリ Jabberによる障害通知を行うために必要なライブラリ
curlライブラリ Web監視を行うために必要なライブラリ
LDAPライブラリ LDAP監視を行うために必要なライブラリ
OpenIPMIライブラリ IPMI監視を行うために必要なライブラリ
netsnmpライブラリまたはucdsnmpライブラリ SNMP監視を行うために必要となるライブラリ
unixodbcライブラリまたはiodbcライブラリ ODBCによるデータベース監視を行うために必要となるライブラリ
表1 ZABBIXの機能を利用するために必要なパッケージ

 fpingとiksemelライブラリに関しては、日本のZABBIXコミュニティである「ZABBIX-JP」でパッケージが公開されています。そこで、ZABBIX-JPのリポジトリをyumコマンドで利用できるように設定ファイルをインストールします。

# rpm -Uvh http://www.zabbix.jp/rpms/rhel5/i386/zabbix-jp-release-5-1.noarch.rpm

 次に、yumコマンドで必要なパッケージをインストールします。

# yum install -y fping iksemel iksemel-devel curl curl-devel openldap openldap-devel OpenIPMI OpenIPMI-devel net-snmp net-snmp-devel unixODBC unixODBC-devel

 以上で、ZABBIXをビルドするための環境が整いました。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。