連載
» 2009年11月04日 00時00分 UPDATE

Androidで動く携帯Javaアプリ作成入門(11):Android 1.6のジェスチャーとテキスト読み上げを使う (1/3)

[緒方聡,株式会社イーフロー]

Android 1.6「Donut」がNTTドコモのケータイに

 開発コード「Donut」で呼ばれていたAndroid 1.6が、2009年9月15日にリリースされ、10月23日にはNTTドコモの携帯端末「HT-03A」のOSのバージョンも1.6にバージョンアップしたと発表されました。画面解像度の更なるサポート、新しい通信方式のサポートが追加され、対応デバイスと対応キャリアが1.6以降ますます増えると予感させられます。

 新機能の1つ「Quick Search Box」も、下記動画で示すように、とても便利なエンドユーザー向けの機能です。この手の機能はグーグルのお家芸ですね。

 さて、1.6より開発者向けにはジェスチャー(カーソルの動き)、テキスト読み上げがAPIとして提供されるようになりました。上記動画でも動作シーンが紹介されています。今回はこれらの1.6のAPIの使い方を紹介しようと思います。

 なお10月28日に、Android SDK 2.0の発表もありましたが、1.5/1.6の機能にも対応するようです(参考:グーグル、Android 2.0対応のSDKリリース)。2.0の新機能については、次回紹介しますので、今回は1.6の機能をしっかりと使いこなせるようになりましょう。

Android Gesture APIの機能とイベント一覧

 2009年10月の原稿執筆時点のAndroid Gesture APIには、Javadocのコメントが用意されていません。Javaの慣習により、クラス名やメソッド名からある程度機能が推測できるので、著者は何とかサンプルを作成できましたが、読者にそんな苦労をさせたくないので、まずは以下に主要なクラスの紹介を行っておきます。

クラス名 概要
GestureLibraries GestureLibraryのファクトリークラス。GestureLibraryをファイルやリソースから生成
GestureLibaray Gestureを登録するライブラリ
Gesture ジェスチャー。GestureStroke、Path、Bitmapなどに分解できる
GestureOverlayView ジェスチャーをさせるためのオーバーレイ。このビュー上でないとジェスチャーできない
Prediction ジェスチャーの予想
OnGestureListener GestureOverlayViewに設定するジェスチャーに関するリスナー
OnGesturingListener GestureOverlayViewに設定するジェスチャーに関するリスナー
OnGesturePerformedListener GestureOverlayViewに設定するジェスチャーに関するリスナー
表1 「gesture」packageのクラス

 リスナーは、それぞれのクラスにいくつかのコールバックメソッドが用意されていますが、これらもやはり説明がありません。

 それぞれの概要と呼び出されるタイミングを以下にリストアップします。

メソッド名 概要
onGesture ジェスチャー中に呼び出される。ジェスチャーし続ける限り繰り返し呼び出される
onGestureCancelled ジェスチャーをキャンセルした際に呼び出される
onGestureEnded ジェスチャー終了時に呼び出される
onGestureStarted ジェスチャー開始時に呼び出される
表2 OnGestureListenerのメソッド

メソッド名 概要
onGesturingEnded ジェスチャー終了時に呼び出される
onGesturingStarted ジェスチャー認識時に呼び出される
表3 OnGesturingListenerのメソッド

メソッド名 概要
onGesturePerformed 最後に呼び出され、完成したジェスチャーが引数として渡される
表4 OnGesturePerformedListenerのメソッド

“ジェスチャー”機能の処理順序

 呼び出し順序をシーケンス図にすると、例えば以下のようになります。

図1 ケース1:ジェスチャーとして認識されたケース 図1 ケース1:ジェスチャーとして認識されたケース
図2 「ホーム画面に追加」メニュー 図2 ケース2:ジェスチャーとして認識されないケース

 Androidのジェスチャーは、ジェスチャーとして認識されるケースと認識されないケースがあります。認識されないケースは、縦レイアウト時に縦のみのジェスチャー、横レイアウト時に横のみのジェスチャーが該当します。スクロールと区別するためです。

 ジェスチャーとして認識されると、ジェスチャーのラインが半透明から不透明に変わり、この瞬間にonGesturingStartedが呼び出されます。

図3 AppWidgetのライフサイクル 図3 左が認識前、右が認識後
図3 AppWidgetのライフサイクル

 ジェスチャーとして認識された場合、最後にonGesturePerformedが呼び出されるので、このタイミングで入力されたジェスチャーを処理するのがよいでしょう。

 次ページでは、実際にジェスチャー機能をサンプルで確認しましょう。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。