連載
» 2010年01月07日 00時00分 UPDATE

CSSの書き方も分かるjQueryプラグイン実践活用法(2):jQueryのアコーディオン効果の使い方・作り方 (2/3)

[葛西秋雄,@IT]

ステップ3:Accordionプラグインを組み込む

 <head>要素に<script>要素を追加したら、次のようなコードを追加してjQuery UIのAccordionプラグインを組み込みます。ここでは、jQueryのセレクタで<div#accordion>要素を検索してaccordion()メソッドを実行しています。

<script type="text/javascript">
  $(function() {
    $('#accordion').accordion();
  });
</script>

 Webブラウザを起動してサンプルを表示すると、アコーディオンの「見出し#1」のコンテンツが展開された状態で表示されます。「見出し#2」をクリックすると、「見出し#1」を折りたたんで「見出し#2」を展開します。

ALT 図2 Webブラウザにサンプルを表示したところ(デフォルトで「見出し#1」が展開される)(画像をクリックすると、実際にサンプルが試せます)

ccordionプラグインをオプションでカスタマイズ!

 Accordionの引数に各種オプションを追加することにより、アコーディオンの動作をカスタマイズできます。

すべてのコンテンツを折りたたむには

 accordion()メソッドの引数にcollapsibleオプションを追加して、「true」を設定します。

$('#accordion').accordion({ collapsible: true });

表示時に展開するコンテンツを指定するには

 Webブラウザにアコーディオンを表示したときに「見出し#2」を展開させるには、activeオプションを追加してインデックス番号(先頭が0から始まる)「1」を設定します。

$('#accordion').accordion({ active: 1 });

見出しをクリックしたときにコンテンツをアニメーション化するには

 animatedオプションに「'bounceslide'」などを設定します。

$('#accordion').accordion({ animated: 'bounceslide' });

Accordionのテーマをダイナミックに書き換えるには

 <head>要素に次のような<script>要素とコードを追加して、前回も紹介した「Theme Switch Tool」を組み込むと、ランタイム時にAccordionのテーマをダイナミックに書き換えができます。

<script type="text/javascript" src="http://jqueryui.com/themeroller/themeswitchertool/"></script>
<script type="text/javascript">
  $(function() {
    $('<div style="position: absolute; top: 10px; right: 50px;" />')
      .appendTo('body')
      .themeswitcher();
  }); 
</script>
ALT 図3 「Theme Switch Tool」を組み込んでAccordionのテーマを切り替えているところ

そのほかのオプション

 そのほかのオプションについては、jQuery UIのサイトを参照してください。

コラム 「jQueryのslideDown/slideUp/fadeIn/fadeOutメソッドの正体」

slideDown/slideUpメソッドはheightプロパティを、fadeIn/fadeOutメソッドはopacityプロパティを、書き換えることにより実装します。jQueryは、これらのプロパティを書き換えるのに、animateメソッドを使用しています。つまり、slideDown/slideUp/fadeIn/fadeOutの正体は、animateだったのです。

animate({height: 'show'});    // slideDown
animate({height: 'hide'});     // slideUp
animate({height: 'toggle'});   // slideToggle
animate({opacity: 'show'});   // fadeIn
animate({opacity: 'hide'});    // fadeOut
animate({opacity: 'toggle'});  // fadeToggle(未サポート)

4ステップでjQueryのアコーディオン効果を自作

 jQuery UIのAccordionプラグインを利用すると、わずか1行のコードを追加するだけでアコーディンを実装できますが、細かいところまで自由にカスタマイズすることはできません。ここでは、jQueryの各種APIを使用して自作のアコーディオンを作成する方法を説明します。

ステップ1:イメージを用意する

 Photoshopなどのグラフィック・ソフトで、アコーディオンの見出しに表示するイメージを作成します。ここでは、「+」「−」のアイコンのカラーを変えて、「青」「緑」「赤」の3種類用意します。これらのイメージは、「css/images」フォルダに格納します

ALT 図4 見出しに表示するイメージを3種類用意する

ステップ2:CSSとライブラリを取り込む

 エディタを起動して新規ファイルを作成したら、<head>要素に<link>要素と<script>要素を追加して、CSSファイルとjQuery 1.3.2のライブラリを組み込みます。

<head>
  <link href="css/base.css" rel="stylesheet" type="text/css" />……【1】
  <script src="http://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.3.2/jquery.min.js" type="text/javascript"></script>……【2】
</head>
  1. サンプルの基本スタイルが宣言されている
  2. jQuery 1.3.2のライブラリをCDN経由で取り込む

 次ページでは引き続き、アコーディオン効果を自作する方法を解説します。そのまま実行できるサンプルもあるので、ぜひお試しください。また最後に、本稿で詳細に解説できなかったアコーディオン関連のプラグインも含めて、お勧めのプラグインを4つまとめて紹介します。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

Focus

- PR -

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。