連載
» 2010年02月05日 00時00分 UPDATE

Windows TIPS:netshコマンドでTCP/IPのパラメータを設定する

TCP/IPなどのネットワーク関係のパラメータの設定をコマンド・プロンプトから行うにはnetshコマンドを利用する。IPアドレスを設定するには「netsh interface ip set address 〜」を利用する。DNS/WINSサーバを設定するには、「set dns/wins 〜」と「add dns/wins 〜」コマンドを利用する。

[打越浩幸,デジタルアドバンテージ]
Windows TIPS
Windows Server Insider


「Windows TIPS」のインデックス

連載目次

対象OS:Windows XP/Windows Server 2003/Windows Vista/Windows Server 2008/Windows 7/Windows Server 2008 R2


解説

 TCP/IPを利用する場合、ネットワーク・インターフェイスに対してIPアドレスやサブネット・マスク、デフォルト・ゲートウェイ、DNSサーバなどのパラメータを設定する必要がある。最近ではDHCPによる自動設定が普及しているため、このようなパラメータを手動で設定する必要性は少なくなっているが、場合によっては必要なこともある。例えばサーバ用に固定IPを割り当てる場合や、実験環境(仮想実行環境も含む)などで、特定のIPアドレスを割り当てておくような場合だ。

 このようなTCP/IPのパラメータを設定するためには、通常はGUIの管理画面を利用するが、コマンド・プロンプト上から作業した方が簡単なこともある。またWindows Server 2008のServer Coreインストールのように、GUIの設定画面が利用できないケースもある。

 コマンドラインでネットワーク関連のパラメータを設定/変更/確認するには、netshというコマンドを利用すればよい。本TIPSではこの方法について紹介する。

 なおコマンド・プロンプトからコンピュータ名やドメイン名を変更する方法についてはTIPS「Windows Server 2008のコンピュータ名をコマンドラインから変更する」を参照していただきたい。netdomコマンドはWindows XP/Windows Server 2003ではサポート・ツールに含まれているが、Windows Vista/Windows Server 2008以降ではOSの標準コマンドとなっている。

操作方法

●netshコマンドでTCP/IPパラメータを設定する

 netshコマンドは、Windows XP/Windows Server 2003以降のOSで利用できるネットワーク制御用のコマンドである。多くのサブコマンドがあるが、TCP/IP関連のパラメータは、interfaceコンテキストの中にある、ip(もしくはipv4)サブコンテキストで設定する。Windows Vista以降のOSではipコンテキストはipv4コンテキストと同じである。

C:\>netsh  ……netshコマンドの起動
netsh>interface  ……interfaceコンテキストへ移動
netsh interface>ip  ……ip(ipv4)コンテキストへ移動
netsh interface ipv4>  ……Windows Vista/Server 2008以降ではip→ipv4となっている
netsh interface ipv4>?  ……ヘルプの表示

使用できるコマンドは次のとおりです:
……(中略)……
netsh コンテキストから引き継いだコマンド:

このコンテキストのコマンド:
?              - コマンドの一覧を表示します。
add            - テーブルに構成エントリを追加します。
delete         - テーブルから構成エントリを削除します。
dump           - 構成スクリプトを表示します。
help           - コマンドの一覧を表示します。
install        - IP プロトコルをインストールしてください。
reset          - IP 構成をリセットします。
set            - 構成情報を設定します。
show           - 情報を表示します。
uninstall      - IP プロトコルをアンインストールしてください。

 この例ではインタラクティブにnetshコマンドを利用しているが、「netsh interface ip ?」のように、コマンドのコンテキストやパラメータを付けて直接実行してもよい。

●現在の設定の確認

 現在のネットワーク・インターフェイスの状態を確認するには「netsh interface ip show 〜」コマンドが利用できる。設定状態を見るには「netsh interface ip show config」でよいだろう(サブコマンド名などは適宜省略できるので、「netsh int ip show conf」などとしてもよい)。

C:\>netsh interface ip show  ……ヘルプの表示

使用できるコマンドは次のとおりです:

このコンテキストのコマンド:
show addresses - IP アドレスの構成を表示します。
show compartments - コンパートメント パラメーターを表示します。
show config    - IP アドレスおよび追加情報を表示します。
……(以下省略)……

C:\>netsh interface ip show config  ……構成の表示

インターフェイスの構成 "ローカル エリア接続 3"  ……インターフェイス名
    DHCP 有効:                         はい  ……DHCPが有効
    IP アドレス:                           192.168.2.120
    サブネット プレフィックス:                192.168.2.0/24 (マスク 255.255.255.0)
    デフォルト ゲートウェイ:              192.168.2.11
    ゲートウェイ メトリック:              0
    インターフェイス メトリック:                      5
    DHCP で構成された DNS サーバー:  192.168.2.51
                                          192.168.2.52
    次のサフィックスで登録します:           プライマリのみ
    DHCP で構成された WINS サーバー: 192.168.2.51
                                          192.168.2.52
……(以下省略)……

●固定IPアドレスを割り当てる

 「インターフェイスの構成」にある「DHCP 有効:」が「はい」になっている場合は、DHCPによるIPアドレスの自動割り当てが有効になっている。これを変更して固定IPアドレスを割り当てるには、「netsh interface ip set address "<インターフェイス名>" static <IPアドレス> <ネットマスク> <ゲートウェイ> <メトリック>」を利用する。インターフェイス名は上の例なら「"ローカル エリア接続 3"」となる。これは「netsh interface ip show interface」でも確認できる。メトリック値を省略すると、インターフェイスのタイプ(速度)に応じて適宜割り当てられる。

※固定IPを割り当てる例(メトリックは省略可能)

C:\>netsh interface ip set address "ローカル エリア接続 3" static 172.16.1.101 255.255.255.0 172.16.1.1  ……固定IPを割り当てる

 ちなみに、DHCP割り当てに戻すには次のようにする。

※DHCP割り当てに戻す例

C:\>netsh interface ip set address "ローカル エリア接続 3" dhcp

●DNSとWINSサーバの設定も変更する

 以上の操作でIPアドレスは変更されたが、DNSやWINSサーバの設定などはそのままである。次はこれらも変更しておこう。冗長性を確保するため、一般的にはDNSやWINSサーバを複数台用意することが多い。このような場合、最初の1台は「set dns/wins 〜」コマンドで割り当て、追加の分は「add dns/wins 〜」コマンドで割り当てる(OSのバージョンによって、set/add dnsserver/dnsservers/winsserver/winsserversとなっているが、省略形のdnsかwinsを利用すればよい)。

※2台のDNSサーバを割り当てる例

C:\>netsh interface ip set dns "ローカル エリア接続 3" static 172.16.1.11 primary
C:\>netsh interface ip add dns "ローカル エリア接続 3" 172.16.1.12

 WINSサーバの指定も同様にする。

※2台のWINSサーバを割り当てる例

C:\>netsh interface ip set wins "ローカル エリア接続 3" static 172.16.1.11
C:\>netsh interface ip add wins "ローカル エリア接続 3" 172.16.1.12

 DHCP割り当てに戻すには次のようにする。

※DHCP割り当てに戻す例

C:\>netsh interface ip set dns "ローカル エリア接続 3" dhcp
C:\>netsh interface ip set wins "ローカル エリア接続 3" dhcp

「Windows TIPS」のインデックス

Windows TIPS

Copyright© 1999-2014 Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

TechTargetジャパン

メルマガ購読キャンペーン

コメント

ツイート

ホワイトペーパー(TechTargetジャパン)

注目のテーマ

転職/派遣情報を探す

【転職サーチ】SIer/Web企業/新規事業 スマホ開発で、あなたのキャリアを生かす

「派遣・フリーで働くメリット」とは? 活躍する派遣エンジニアの本音

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。