連載
» 2010年02月18日 00時00分 UPDATE

Web技術でネイティブアプリを作れるTitanium(1):HTML+JavaScriptでiPhone/Androidアプリを作れるTitanium Mobileとは (1/3)

iPad/iPhone VS Androidに戸惑っているWebデザイナ/開発者のために、Web技術でネイティブアプリを作れるオープンソースの開発ツールを紹介し、その利点や使い方を連載で解説します

[立薗理彦,@IT]

iPad/iPhone VS Androidに戸惑っていませんか?

 2010年1月5日、グーグルがAndroid 2.1を搭載した「Nexus One」を発表しました(参考:Google、Android 2.1搭載の“スーパーフォン”「Nexus One」を発表)。高精細なディスプレイや高速なプロセッサによる快適な動作など、iPhoneのライバルとしての存在感が話題になりました。また1月21日には、NTTドコモとソニー・エリクソンがAndroidスマートフォン「Xperia」を発表しました(参考:ドコモ、Androidスマートフォン「Xperia」を発表)。

 一方のアップルは、1月27日にiPhone OSを搭載しながらより大きなディスプレイを搭載した新製品「iPad」を発表(参考:Apple、タブレット「iPad」を発表 499ドルから)。また、iPhoneも昨年の10〜12月期に過去最高の売り上げを達成するなど、好調が続いています。

 iPhone OSとAndroidが熾烈な戦いを繰り広げる中、それぞれのプラットフォームに向けてアプリケーションを開発しているデザイナ/開発者の皆さんは、どちらのプラットフォームを選択するか悩みを抱えているのではないでしょうか。

 また、Web上でサービス開発を行っていたWebデザイナ/開発者の皆さんは、iPhone OSの Objective-Cや、AndroidのJavaによるアプリケーションの開発に戸惑いを覚えてはいませんか?

 本稿で紹介する「Titanium Mobile」は、そうしたデザイナ/開発者の皆さんの声に応える期待のアプリケーション開発環境です。HTMLJavaScript(+CSS)というWebデザイナ/開発者になじみの技術を使って、同じソースコードからiPhone OS/Android両方のプラットフォームに向けてモバイルアプリケーションを開発できます。

「Titanium Mobile」って何?

Webの技術でネイティブアプリを開発

 Titanium Mobileは、Appceleratorが提供するソフトウェア開発環境です。以下の特徴を持っています。

図1 Appceleratorのサイト(「iPad support」というアナウンスがある) 図1 Appceleratorのサイト(「iPad support」というアナウンスがある)
  • オープンソース
  • Apache 2.0ライセンス
  • 開発ツールは、Windows/Linux/Mac OS Xで動作(ただし、iPhoneアプリの開発にはMac OS Xが必要)
  • HTML+JavaScriptでアプリケーションを開発可能

 JavaScriptをサポートしているため、jQueryYahoo! UI Libraryなどの豊富なJavaScriptフレームワーク/ライブラリ資源を活用できます。

ネイティブAPIのサポートにより、Webアプリの制限から解放される

 JavaScriptで動作するWebアプリケーションは、通常Webブラウザ内で動作が完結し、ファイルシステムやカメラデバイスなどにアクセスできません。しかし、TitaniumはJavaScriptからOSネイティブな機能にアクセスするためのAPIを用意していて、ネイティブアプリと同様の機能を実現できます。

  • テーブル、ボタンなどUI(ユーザーインターフェイス)の利用
  • ファイルシステムへのアクセス
  • GPSによる位置情報の取得
  • Googleマップを利用したアプリ開発
  • 画像や動画などメディアプレイヤーの利用
  • HTTPなどネットワークAPIの利用などネットワークAPIの利用
  • SQLiteをベースにしたローカルストレージの利用

iPhone OS/Android両方のプラットフォーム展開をサポート

 Titaniumは、上記のOS固有のAPIへのアクセスを抽象化するミドルウェアになっていて、コードのほとんどをiPhone/Androidで共用できます。

 プラットフォーム固有の処理も部分的に必要になりますが、基本的には「一度書いたら両方で動く」と考えていいでしょう。

デスクトップ版も

 なお、今回紹介する「Titanium Mobile」のほかに、HTML+JavaScriptに加えて、PythonRubyも使ってWindows/Linux/Mac OS Xそれぞれ用のアプリケーションを同じコードから開発できる「Titanium Desktop」があり、なんとTitaniumの開発環境自体がTitanium Desktopを使って構築されています。

 反響があれば、Titanium Desktopについても取り上げるかもしれません。

より本格的なアプリ開発が可能に

 筆者は、同様の開発環境「Phonegap」について紹介する記事「App Store登録もOK! JavaScriptで作るiPhoneアプリ」も執筆していて、こうした「ハイブリッドアプリケーション」の優位性や機能比較などを行っています。ぜひ、こちらも参照ください。

  ネイティブ
アプリ
Webアプリ ローカル
Webアプリ
OS固有の機能 × ×
オフラインでの動作 ×
動作スピード
開発言語 Objective-C HTML+JavaScript+サーバサイド HTML+JavaScript(+サーバサイド)
開発の容易さ
マルチプラットフォーム対応 ×
App Storeでの配布 × ×

 今回紹介する「Titanium」は、統合された開発環境と、多くのネイティブAPIサポートなど、「よりネイティブアプリに近い開発が可能」という印象を持っています。

 次ページでは、Titaniumをインストールして実際にサンプルを動かしてみます。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

Focus

- PR -

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。