連載
» 2010年06月08日 00時00分 公開

SDKで始めるiPad/iPhoneアプリ開発の勘所(1):いまさら聞けないiPhone/iPadアプリの作り方の基礎 (4/4)

[竹内彰吾,株式会社ビーブレイクシステムズ]
前のページへ 1|2|3|4       

Xcodeを使ってiPhone/iPadアプリを作ってみよう

Xcodeの起動

 「/Developer/Application」直下にある「Xcode.app」を起動します。

 [新規Xcodeプロジェクトを作成]をクリックすると、[新規プロジェクトのテンプレートを選択]画面が開きます。

 ここでは、[View-based Application]を選び、[選択]ボタンを押します([Product]は「iPhone」を選択してください)。

 次に、Xcodeプロジェクトの作成場所を選び、名前を入力して[保存]を押します。

 Xcodeプロジェクトが作成され、実装画面が開きます。

  • 【A】ツールバー
    実装モード/デバッグモードの切り替えや、[ビルドと実行]などのアクションボタンがある。ここにあるボタンは、カスタマイズ可能
  • 【B】[グループとファイル]
    Xcodeプロジェクトが保持しているファイルを一覧表示。クラスファイルや設定ファイルなどの成果物は、すべてこのエリアに格納していく
  • 【C】情報表示エリア
    選択されているファイルの詳細情報や、プロジェクト内のファイル検索などが行える(頻繁に使うエリアではないので、実装時にはツールバーの[エディタ]ボタンで非表示にしてしまい、テキストエディタを広く使うのも1つの手)
  • 【D】テキストエディタ
    [グループとファイル]で選択したファイルを実際に編集するエリア。ソースコードや設定ファイルを記述するので、開発時はこの部分を常に見続けて作業をすることになる

Xcodeプロジェクトとは

 これまでに作成したXcodeプロジェクトは、アプリを構成するソースコードやライブラリをまとめて管理/アクセスする1つのファイルを表します。プロジェクト名には作成するアプリ名を付けるのが一般的です。

Xcodeを使ってソースコードを記述する

 実際にXcodeを使ってソースコードを記述していきましょう。[グループとファイル]から[Classes]→[〜ViewController.m]を選択し、viewDidLoadメソッドコメントを外して(コメント化するための記述「/*」と「*/」を消す)下記のコードを記述してください。

/* ←消す
- (void)viewDidLoad {
    [super viewDidLoad];
// ここから記述
    UITextView *textView = [[UITextView alloc] initWithFrame:CGRectMake(0, 0, 320, 460)];
    textView.text = @"Hello World !!";
    textView.textAlignment = UITextAlignmentCenter;
    textView.font = [UIFont fontWithName:@"Arial" size:24.0f];
    textView.backgroundColor = [UIColor clearColor];
    [self.view addSubview:textView];
    [textView release];
}
*/ ←消す

 Xcodeは、コード補完機能を備えており、コードの最初の数文字を入力すると、自動的に候補を表示してくれます。キーボードの[Esc]キーを押すと、全候補が表示されて選択可能になるので、積極的に活用していきましょう。

 コードが記述できたら、ツールバーにある[ビルドと実行]を押すと、iPhone Simulatorが起動します。

 画面に「Hello World !!」と表示されたでしょうか。iPhoneアプリは、この作業を繰り返し行うことで作成していきます。

【おまけ】Xcodeの便利なショートカット集!

 ソースコード編集時にキーボードのショートカットキーを用いることは、開発効率を上げるうえで非常に重要です。ここでは、数あるショートカットキーの中から、開発時によく使用するキーをピックアップして紹介します。

キー操作 動作
編集
[Cmd]+[S] 保存
[Cmd]+[A] 全選択
[Cmd]+[Z] アンドゥ
[Cmd]+[Shift]+[Z] リドゥ
[Cmd]+[X] カット
[Cmd]+[C] コピー
[Cmd]+[V] ペースト
[Cmd]+[/] 選択行のコメントアウト
[Cmd]+[l] 選択行のインデント
[Fn]+[Delete] カーソルの次の文字を削除
移動
[Opt]+方向キー カーソルが文字列単位で移動
[Cmd]+方向キー カーソルが行頭/行末へ移動
[Opt]+[Cmd]+[←] 1つ前の操作へ戻る
[Opt]+[Cmd]+[→] 1つ先の操作へ進む
[Opt]+[Cmd]+[↑] ヘッダファイル(*.h)と実装ファイル(*.m)の切り替え
[Cmd]+任意のシンボルをダブルクリック 対象シンボルへジャンプ
[Opt]+任意のシンボルをダブルクリック 対象シンボルのAPIリファレンスを表示
検索
任意の文字列を選択+[Cmd]+[E] 検索対象をセット
[Cmd]+[G] 次を検索
[Cmd]+[F] ファイル内から検索
[Cmd]+[Shift]+[F] プロジェクト全体から検索
デバッグ
[Cmd]+[Shift]+[O] ステップオーバー
[Cmd]+[Shift]+[I] ステップイン
[Cmd]+[Shift]+[T] ステップアウト
[Opt]+[Cmd]+[P] 次のブレークポイントまで流す

次回は、サンプルコードで学ぶiPhone/iPadアプリ作成

 本稿では、開発環境の構築からXcodeの基本的な使用方法について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。

 次回は、以下のようなBMI計算アプリを作成しながら、Cocoa Touchフレームワークを用いた具体的な実装方法について説明していきますので、どうぞお楽しみに。サンプル完成版のソースコードは、こちらからダウンロードできます

筆者紹介

株式会社ビーブレイクシステムズ

竹内 彰吾(たけうち しょうご)

どこにでもいる職業プログラマであり、好きな言語はJavaとObjective-C。現在は、業務システムの開発に従事し、顧客の要望に日々全力で応えている。

一方、ほかの案件や趣味ではiPhone/Androidアプリ開発にも積極的に取り組んでいる



前のページへ 1|2|3|4       

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。