連載
» 2010年07月01日 00時00分 UPDATE

Androidで動く携帯Javaアプリ作成入門(18):開発者が知っておきたいAndroid 2.2の新機能12連発 (1/3)

[緒方聡,株式会社イーフロー]

Android 2.2発表、PC用のFlashもそのまま動かせる!

 2010年5月19〜21日で開催されたGoogle I/OでAndroid 2.2が発表されました。

 Android 2.2はマイナーバージョンアップという位置付けですが、マイナーバージョンアップにしては、とても大きな変更が加わっています。

 例えば、Flash Player 10.1の搭載、JITコンパイラの搭載、マルチタッチのサポート、テザリングは、非常に大きなアップデートです。

図1 カメラプレビューの失敗例 図1 Android 2.2のコードネーム「Froyo」のロゴ。ロボットの面影がなくなってしまった
図2 新しく盛り込まれた、ヒントを教えてくれるウィジェット 図2 新しく盛り込まれた、ヒントを教えてくれるウィジェット
図3 左からColorEffectが 図3 強化された、プリインストールのウィジェット
図4 Live Wallpaperで地図表示(その発想はなかった!) 図4 Live Wallpaperで地図表示(その発想はなかった!)

 今回は、Android 2.2で加わった変更点と新機能を12個、解説していきます。Android 2.2では、ユーザーのための機能追加、開発者向けの機能追加、APIの変更とバグフィックスが含まれています。

SDK、Eclipse ADT、NDKもバージョンアップ

 ちなみにAndroid 2.2の新機能を使用して開発するには、Android SDKの新しいプラットフォーム、「Android-8」をダウンロードする必要があります。Eclipse ADTは0.9.7が必要です。NDKもバージョン4がリリースされています。

ソースコードも公開

 また6月23日にはソースコードも公開され、「Android Open Source Project」からダウンロードできるようになりました(参考:Google、「Android 2.2」のソースコードを公開)。興味ある方は、ソースコードを読んでみてはいかがでしょうか。

【1】Flash Player 10.1 for Android

 Android 2.2の大きな特徴といえるのが、Flash Player 10.1の搭載です。これにより、Flash Liteではない、PC用のFlashアプリが、そのままAndroid端末で動かせるようになるといわれています。

 Flash Player 10.1自体は、6月11日に公開されています(参考:Adobe、「Flash Player 10.1」と「AIR 2」の正式版をリリース)。そして、前述のソースコード公開に伴い6月22日には、アップル提供以外のモバイル端末にプリインストールするべく各企業にリリースしたという発表もありました(参考:Adobe、Flash Player 10.1をモバイル企業にリリース)。

ベータ3版だが、もう使用可能

 もちろん、プリインストールではなく、勝手にFlash Player 10.1をダウンロードして使うこともできるようです。7月1日現在、まだベータ3版ですが、Android 2.2を搭載した端末をお持ちの方は、Adobe Labsのサイトからダウンロードしてぜひ試してみてはいかがでしょうか(参考:Android 2.2でFlashを試す――ロードは遅いが画質は良し)。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

Focus

- PR -

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。