連載
» 2010年10月21日 00時00分 公開

Web技術でネイティブアプリを作れるTitanium(3):OAuthでバーコード情報をTwitterに投稿するiPhoneアプリ作成 (1/3)

iPad/iPhone VS Androidに戸惑っているWebデザイナ/開発者のために、Web技術でネイティブアプリを作れるオープンソースの開発ツールを紹介し、その利点や使い方を連載で解説します

[立薗理彦,株式会社ディー・エヌ・エー]

 前回の記事「Titaniumで始めるモバイルアプリ作成の基礎知識」からずいぶん時間が空いてしまいました。「Titanium Mobile」を取り巻く環境にもいくつか変化がありました。まずは、ここ数カ月のTitaniumに関連したトピックを眺めてみましょう。

iPhone/iPadアプリ開発の規約が改訂!

 2010年9月9日、アップルは「iOS Developer Program License」を改訂しました。これにより、開発ツールに関するすべての制限が緩和されました(参考:Apple、iPhoneアプリ開発ツールの制限を緩和 アプリ審査基準も公開)。

 相変わらず「コードのダウンロード(FlashSilverlightなど、Webブラウザのプラグインで動かす)は禁止」ですが、あらかじめ内蔵されているコードであれば、中間レイヤを介して実行可能です。

 Titaniumは、JavaScriptで書かれたコードをインタプリタを介して実行するため、この規約の制限を受ける可能性があり「グレー」な存在とされていました。しかし、今回の規約改定により、晴れてTitaniumがiPhone/iPadアプリケーションの開発に利用できることになったわけです。

 同時に、C#を用いた「Mono Touch」やFlash CS5で作れる「Packager for iPhone」機能が解禁になると見られており、ライバルとの競争が激化することも間違いないでしょう(参考:Adobe、iPhone向けFlashアプリ変換ツールの開発再開 Appleの規約変更受け)。

Titanium 1.4がリリース!

 2010年7月26日にリリースされたTitanium 1.4では、Fast Application SwitchingやRetina Display、Background AudioなどiPhone 4/iOS 4のサポートが行われました。

 追加機能・バグフィックスの詳細については、リリースノートを参照してください。

拡張「モジュール」を使ったTitaniumアプリ開発

 Titaniumは、「モジュール」と呼ばれる拡張ライブラリを追加することで、新しい機能を追加可能です。

 TitaniumはJavaScriptでコードを記述するため、多くのJavaScriptライブラリを利用できます。また、拡張モジュールを使うことでネイティブな機能も取り込むことが可能です。

 今回は、JavaScriptで書かれたTitanium用OAuthライブラリと、ネイティブコードを使ったバーコードスキャナ拡張モジュール「TiBar」を使って、目の前にある商品の情報をTwitterに投稿する「Zebratter」を作ってみました。

 次ページからは、Titaniumでモバイルアプリを作成し始めます。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。