連載
» 2011年03月04日 00時00分 公開

ステップアップ! PHP(1):PEARのライブラリでTwitterにアクセス (1/3)

PHPは、Webアプリケーションやソーシャルアプリケーションの開発者の間で人気が高い言語です。基本的な文法の習得も容易で無料で使えるというところが受けているのでしょう。しかし、基本を身に付けただけでは、本当の「あなただけのアプリケーション」は作れません。この連載では、PHPのライブラリなどの使い方を解説していきます。(編集部)

[田中正裕,アシアル株式会社]

Webアプリケーションを作るならPHP

 こんにちは。本日から連載開始の「ステップアップ! PHP」では、PHPの文法などの基本を身に付けた人を対象に、PHPの応用範囲を広げるような話題を、実際のサンプルプログラムを交えて紹介していきます。

 PHPは比較的習得が容易で使いやすい言語です。ライブラリが充実しており、開発コミュニティが活発に活動しているのも良いところです。Webアプリケーション作成に使うプログラミング言語として、かなり人気があります。この連載を通して、PHPの周辺技術を使いこなす術を身に付け、PHPアプリケーション開発者としての可能性を広げていきましょう。

 第1回のテーマは、PHPの標準ライブラリである「PEAR(PHP Extension and Application Repository)」です。PEARに限らず、ライブラリを使うとPHPの標準関数を複雑に組み合わせないと実現できない処理を、簡単なコードで実現できます。PHP向けのライブラリにはさまざまなものがあります。今回紹介するPEARのライブラリはすべて無料で利用でき、簡単な操作でインストールできます。

PEARライブラリを使う

 PEARはパッケージ形式でライブラリを管理しており、有用なものを数多く収録しています。そして、ライブラリ自体がPHP言語で記述してあるため、アプリケーションと共に配布でき、レンタルサーバやVPSにも簡単にインストールできます。パッケージ管理専用の「pear」コマンドを利用できるので、バージョンアップも容易です。

 2002年の公開以来、PEARが収録する公式パッケージはどんどんに増えており、現在ではその数は560個以上にもなっています。パッケージの一覧は、このWebページ図1)で見られます。

図1 PEARのパッケージ一覧ページ 図1 PEARのパッケージ一覧ページ

 PEARのパッケージは用途に応じたカテゴリで分類してあり、HTMLメールの送信から、暗号計算まで、幅広い用途に対応します。表1に、PEARが提供するパッケージの中から代表的なものをまとめました。

パッケージ名 提供する機能
Mail_Mime MIMEメール(HTMLメールやファイルを添付したメール)作成機能を提供
Crypt_Blowfish 「Blowfish」アルゴリズムを利用した暗号化処理の機能を提供
HTTP_Client クッキーによるセッション維持にも対応した、高機能なHTTPクライアント機能を提供
XML_Serializer 連想配列からXMLへの変換、あるいはその反対に変換する機能を提供
Net_UserAgent_Mobile 日本の携帯端末にも対応した端末情報を取得する機能を提供
Services_Twitter Twitter APIを簡単に操作できるパッケージを提供
表1 PEARが提供する主なパッケージとその機能

 表1に挙げたものは、PEARの公式パッケージです。PEARには「PEARチャネル」と呼ぶ仕組みがあり、規格に沿ってパッケージを作成すれば、自作のパッケージをインターネットに公開できるようになっています。PEARチャネルを通して公開したパッケージも、公式パッケージと同様に、pearコマンドで簡単にインストールできる仕組みが備わっています。

 今回はPEARを利用するための準備の方法を解説し、Twitterへのアクセス機能を持つ「Services_Twitter」を使った簡単なプログラムを作成してみます。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。