連載
» 2011年04月28日 00時00分 UPDATE

Android Marketアプリ内課金サービス徹底解説(1):Androidでアプリ内課金を始めるための基礎知識 (1/3)

Androidアプリの新たな可能性を開拓するアプリ内課金について、概要から利用方法、アプリへの実装の仕方まで詳しく解説する特集

[緒方聡,株式会社イーフロー]

Androidでアプリ内課金サービス開始!

 Android Marketでは、アプリ内で閉じた決算が行える「アプリ内課金サービスIn-app Billing Service)」が2011年3月29日より正式に開始されました。

 また、米T-Mobileと米AT&Tですでに行われているキャリア課金が、ソフトバンクモバイルやKDDI、NTTドコモでも開始されます。キャリア課金は通常のアプリ内課金と違い、クレジットカードによる決算を必要としないため、ユーザーがより購入しやすい形でサービスが提供されます。

図1 赤枠部分にキャリアが追加される 図1 赤枠部分にキャリアが追加される

 本特集では、Androidアプリの新たな可能性を開拓するアプリ内課金について、3回に分けて詳しく解説していきます。Androidアプリの基本的な仕組み・作り方については、以下の連載を参照しておいてください。

Androidで動く携帯Javaアプリ作成入門
本連載で、SDKとEclipseを使ってAndroidの携帯端末で動くJavaアプリを作成し、Android Marketでの配布を目指しましょう「Smart & Social」フォーラム

Android Marketのアプリ内課金サービスとは

 アプリ内課金サービスとは、アプリ内でデジタルコンテンツを販売するためのAndroid Marketのサービスです。このサービスを利用することで、音楽や画像などのダウンロード可能なファイル、ゲーム難易度やポーションなどの架空のアイテム(俗に言う「アイテム課金」)など、幅広いコンテンツを販売が可能です。

 アプリ内課金の特徴は、以下のとおりです。

  • 決済はAndroid Marketが代行してくれる
  • 決済方法はAndroid Marketでアプリを購入する方法と同じでユーザーフレンドリー
  • 決済手数料はアプリ販売と同じ30%

 以下はアプリ内課金サンプルの決済処理の画面遷移です。

図2 決済処理の画面遷移 図2 決済処理の画面遷移

 左画面で、アプリ内で購入するアイテムを選択し「Buy」ボタンをタッチすることで、中央画面のAndroid Marketが提供するチェックアウト画面が表示され、ここで決済を完了すると、右のアプリ画面に戻り、購入したアイテムの個数が増えます。

アプリ内課金を始めるための条件とは

 アプリ内課金は、それを行うために特別なAPIが必要なわけでも、特別なハードウェアが必要なわけでもありませんが、以下の条件を満たす必要があります。

  • Android Market開発者アカウントを持っていること
  • Googleチェックアウトアカウントを持っていること
  • デバイスがAndroid 1.6(APIレベル4)以上であること
  • デバイスがAndroid 3.0ならMyAppsアプリのバージョンが5.0.12以上、そうでない場合はAndroid Marketアプリのバージョンが2.3.4以上であること
  • Android Marketでアプリが配布されること
  • デバイスがネットワークに接続されていること

 Android Marketの役割は決済であり、アプリ開発者は購入された商品が音楽や画像などのデジタルコンテンツであるなら、それらをユーザーに配送する責任があります。アプリ内課金で販売可能な商品は、音楽や写真、ゲーム難易度やアイテムなどのデジタルコンテンツのみで、実在する商品、サービス、その他物理的な配送が必要な商品を販売できません。

 なお、アプリ内課金はテストを含めエミュレータでは動作できません。

 アプリ内課金にAndroid Marketアプリなどが必要な点、Android Marketで配布しなければならない点については、次ページの「アプリ内課金のアーキテクチャ」で説明します。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

TechTargetジャパン

メルマガ購読キャンペーン

コメント

ツイート

ホワイトペーパー(TechTargetジャパン)

注目のテーマ

転職/派遣情報を探す

【転職サーチ】SIer/Web企業/新規事業 スマホ開発で、あなたのキャリアを生かす

「派遣・フリーで働くメリット」とは? 活躍する派遣エンジニアの本音

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。