連載
» 2011年08月29日 00時00分 公開

ユカイ、ツーカイ、カイハツ環境!(25):Java開発者が知らないと損するPaaSクラウド8選 (1/3)

[岡本隆史,@IT]

進化・激変するJavaクラウドの現状を知る、まとめ

 本連載「ユカイ、ツーカイ、開発環境」では、Javaが利用できるクラウドコンピューティングPaaS環境について、いくつか紹介してきました。最近では、レッドハットの「OpenShift」とヴイエムウェアの「Cloud Foundry」などのPaaSクラウドのβサービスが提供され始め、また、いままで紹介した各クラウドの事情も変わってきました。

 本稿では、Javaで利用できる以下の8つのPaaSクラウドの最新動向をお届けします。

  1. 機能を拡充し続ける「Google App Engine」
  2. 「Stax」はCloudBeesに買収され「RUN@cloud」に
  3. Morphの「AppSpace」は「mCloud」に
  4. .NETだけじゃない「Windows Azure」のJavaサポート
  5. IaaSの雄「AWS」のJava向けPaaS対応
  6. Node.jsなど先端技術を採用した「Cloud Foundry」
  7. JBossを生かしつつLL/PHPにも対応「OpenShift」
  8. RailsのPaaS「Heroku」、Javaクラウドに参戦

 連載第5回の「App Engine/AptanaなどJavaクラウド4つを徹底比較」では、Stax、Morph AppSpace、Aptana Cloud、Google App Engineについて紹介しました。Stax、Morph AppSpace、Aptana Cloudについては、サービスの見直しや企業の買収などにより大きな動きがありました。まずは、これらの最新の動きを紹介します。

【1】機能を拡充し続ける「Google App Engine」


 以前は、Pythonのみをサポートしていましたが、Javaをサポートしたことによって、さらに普及したグーグルの提供するPaaS環境「Google App Engine」(以下、GAE)。その後も以下のようなさまざまな機能拡張を続け、最近は3番目のサポート言語として、グーグルが開発した「Go」の追加を発表しています。

 GAEのJava版については、下記連載も参考になると思います。

Google App Engineで手軽に試すJavaクラウド
Javaに対応したことでユーザー数が一気に増加する可能性がある無料でお手軽なクラウド環境Google App Engineの超入門連載です。概要・特徴から環境設定、アプリケーションの作成、業務用として応用できるところまで徹底解説していきます


【2】「Stax」はCloudBeesに買収され「RUN@cloud」に

 「Stax」を提供していたStax社は、Jenkinsの開発を支持する企業して有名なCloudBees社に買収され、サービスを「RUN@cloud」としてリニューアルしました。

 また、Jenkinsを利用したCI(継続的インテグレーション)サーバを中核に据えた開発環境を提供する「DEV@cloud」と一緒に利用すれば、開発から運用までこなせます。RUN@Cloud、DEV@Cloudは2つの別々のクラウドの用に思えますが、図1のようなWebのGUIでは、2つのクラウドを意識することなくサービスを受けられるようになっています。

図1 CloudBees社のクラウドサービスの画面 図1 CloudBees社のクラウドサービスの画面

 RUN@cloud上では4500以上のアプリケーションがすでに動作しているようです。現在はTomcatのみのサポートですが、将来的にはJBossもサポートすると表明しています。

 DEV@cloud、RUN@cloudの特徴は次の通りです。

リポジトリの提供

 GitSubversionを利用したリポジトリを作成できます。また、ビルドしたモジュールを管理するMavenリポジトリも作成できます。リポジトリは誰でもアクセスできる「パブリックモード」と、リポジトリのアクセスを限定する「プライベートモード」の設定ができます。

CI機能の提供

 「Jenkins as a Service」といわれており、Jenkinsを利用したCI機能を利用できます。ボタン1つでJenkinsのサーバを起動できます(ただし、筆者が利用を試すと、エラーメッセージが表示され起動できませんでした)。上記のリポジトリから取得したコードのビルドテスト、アプリケーションのデプロイなどが可能です。

アプリケーションの作成

 Javaアプリケーションを作成できます。Webコンソールからアプリケーションを作成すると、サンプルアプリケーションが作成され、自動的に起動されたTomcat上で動作します。仮想マシンやアプリケーションサーバをセットアップする必要はありません。

データベースの提供

 Webコンソールから簡単にMySQLサーバを起動できます。MySQLにアクセスするための、web.xmlの設定情報やサンプルコードもWebコンソールから確認できるので、簡単にアプリケーションからデータベースを利用できます。データベースのスナップショットも簡単に取得できます。

スケールアウト、高信頼性

 ロードバランサによりアプリケーションの負荷に応じ自動的に負荷分散できます。

Eclipseプラグインを提供

 Eclipse上からJenkinsのモニタリングや管理ができるプラグイン「CloudBees Toolkit for Eclispe」を提供しています。Eclipse上でJenkinsによるビルド・テストの結果を参照できます。

【3】Morphの「AppSpace」は「mCloud」に

 Morphlabs社は、「AppSpace」として、Java/Groovyに主軸を置いたPaaSを提供していました。最近は、日本法人(株式会社モーフ・ラボ)を設立し、日本での営業を強化するとともに、AppSpaceは「mCloud」とブランド名を変え、サービス内容も変更しています。


 特に、プライベートクラウド向けのmCloudシリーズの提供にフォーカスを当てており、簡単にPaaS型プライベートクラウドを構築できる「mCloud DCU」という新製品の展開を、この秋から日本でも開始するようです。初期バージョンの対応言語は、以前からあるJava/GroovyJetty、JBoss環境)に、PHPRuby on Railsが加わっています。

 パブリッククラウド関連では、mCloudシリーズのIaaS部分の検証利用環境という位置付けで、「mCloud On-Demand」の提供を始めました。mCloud On-Demandは、CentOSとWindowsのVMをAmazon EC2(以下、EC2)上に簡単に構築できます。mCloud On-Demand自体は無料ですが、利用にはEC2のアカウント登録が必要であり、VMを利用するとEC2の課金という形で課金が発生します。

 今後、mCloud On-Demandはプライベートクラウド上で培ったノウハウを生かし新機能を拡充する予定で、有償版として独自性を持ったPaaSを含めたサービスに徐々に拡張される予定です。

 次ページでは、記事「App Engine/AptanaなどJavaクラウド4つを徹底比較」公開以降に新たに提供され始めたJavaを使えるPaaSクラウドを紹介します。

コラム 「Aptanaの動向」

開発ツールベンダであるAptanaが提供していたAptana Cloudは、残念ながら2010年10月31日にサービスを終了しました(参考:Aptana Cloud is Dead. (via @brandoncorbin))。その後、Aptana自身はHTMLJavaScriptのネイティブ・アプリケーション開発環境「Titanium」を提供するAppcelerator社に買収されました(参考:TitaniumとAptanaが買収により統合へ)。


       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@ITのメールマガジン(無料)

✔ 【@IT通信】
  編集部のおすすめ記事、限定コラムをお届け
✔ 【@IT新着速報】
  新着記事・速報をまとめてお届け
✔ 【@IT自分戦略研究所Weekly】
  転職支援情報やキャリアアップ情報をお届け

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。