ニュース
» 2011年10月14日 00時00分 UPDATE

問題もWebサービスもオープンソース:Perl Mongersが作るPerl検定サービス「Perl道場」がスタート

[金武明日香,@IT]

 カヤックは10月14日、オープンソース型のPerl検定試験サービス「Perl道場」をリリースした。入門条件はただ1つ、「Perlが好きであること」。

Perl道場 トップページ Perl道場 トップページ

Perl道場でエンジニアができる3つのこと

 ユーザーは(1)問題を解くこと(2)問題を追加すること(3)Perl道場そのものの開発に関わることができる。

 問題は1回の挑戦につき5問、出題される。解答結果とともに解説が出るため、問題を解きながらPerlの知識を習得できる。

 問題はGitHub経由で追加する。kayac / perldojoをforkして問題定義ファイルを追加後、 pull request を送信すれば問題を公開できる。また、Perl道場はソースコードを公開しているため、Webサービスの改善にユーザーが関われることが特徴だ。

問題画面「Perlのスローガンは以下のうちどれでしょう」 問題画面「Perlのスローガンは以下のうちどれでしょう」

評価機能とランキング機能

 回答者が「良い問題」と判断した問題は、星の数によって評価できる。問題は出題者にひもづいているため、出題者別に「良問ランキング」(星の数)「難問ランキング」(正答率)が公開される。

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

TechTargetジャパン

Nexus 6と格安SIM、プレゼント!
Loading

ホワイトペーパー(TechTargetジャパン)

注目のテーマ

転職/派遣情報を探す

【転職サーチ】SIer/Web企業/新規事業 スマホ開発で、あなたのキャリアを生かす

「派遣・フリーで働くメリット」とは? 活躍する派遣エンジニアの本音

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。