連載
» 2016年01月26日 05時00分 UPDATE

@IT自分戦略研究所 資格辞典:基本情報技術者試験(Fundamental Information Technology Engineer Examination)

ITエンジニアに必要な各種資格情報を解説する「@IT自分戦略研究所 資格辞典」。今回は、IPAが実施する情報処理技術者試験「基本情報技術者試験」を紹介する。

[@IT自分戦略研究所編集部,@IT]

概要

 基本情報技術者試験は、独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)が行う「情報処理技術者試験」の一つ。経済産業大臣が認定する国家試験である。

 情報処理技術者試験は、IT利用者向けの「ITパスポート試験」と、情報処理技術者向けの基本知識や技能を問う「基本情報技術者試験」、応用知識や技能を問う「応用情報技術者試験」、そして9つの専門分野別に高度な知識や技能を問う「高度試験(下図ピンク色の部分)」の計12区分から構成されている。

shikakudic03.png 情報処理技術者試験の試験区分(出典:情報処理技術者試験 試験要項 Ver1.7

 基本情報技術者試験はそのうち、情報処理技術者の基本的知識や技能を問うもの。高度IT人材(※)となるために必要な基本的知識や技能を持ち、実践的な活用能力を身に付けているかが判断される。

高度IT人材:経済産業省が定義する「構造変化に対応し、変革にリードできるIT人材」の総称。企業の経営課題に高付加価値を生むIT戦略を構築する「基本戦略系人材」、高品質のシステム構築や運用を担う「ソリューション系人材」、ITを活用して新たな製品や仕組みを生み出す「クリエーション系人材」の3つに分類される。

 試験は午前150分+午後150分の計300分。春期(4月第3日曜日)と秋期(10月第3日曜日)の年に2回、実施する。受験料は5700円(税込み)。

試験の形式・内容

 出題範囲はテクノロジ(技術)系のみならず、マネジメント(管理)系、ストラテジ(戦略)系まで幅広くカバーしている。

午前の出題範囲

shikakudic02.png 基本情報技術者試験の出題範囲(出典:情報処理技術者試験 試験要項 Ver1.7

 午前試験は、左記区分全般の「知識を問う」試験。

 試験時間は150分。四肢択一の多肢選択式。全80問で、1問1.25点の100点満点。

午後の出題範囲

 午後試験は、下記試験範囲の「技能を問う」試験。

 試験時間は150分。四肢択一の多肢選択式で、全13問中7問を選択して解答する。問いによって点数は異なる。100点満点。

 試験範囲は以下の通り。

1 コンピューターシステムに関すること

(1)ハードウエア 数値・文字・画像・音声の表現、処理装置、記憶装置と媒体、入出力装置、命令実行方式、アドレス方式、システム構成など

(2)ソフトウエア OS、ミドルウエア、アプリケーションソフトウエア、言語処理ツールなど

(3)データベース データベースの種類と特徴、データモデル、正規化、DBMS、データベース言語(SQL)など

(4)ネットワーク ネットワーク構成、インターネット、イントラネット、プロトコル、データ通信、伝送制御など


2 情報セキュリティに関すること

情報セキュリティポリシ、情報セキュリティマネジメント、データベースセキュリティ、ネットワークセキュリティ、アプリケーションセキュリティ、物理的セキュリティ、アクセス管理、暗号、認証、不正アクセス対策、マルウエア対策(コンピューターウイルス、ボット、スパイウエアほか)、個人情報保護など


3 データ構造およびアルゴリズムに関すること

配列、リスト構造、木構造、グラフ、整列、探索、数値計算、文字列処理、図形処理、ファイル処理、計算量、誤差など


4 ソフトウエア設計に関すること

ソフトウエア要件定義、ソフトウエア方式設計、ソフトウエア詳細設計、構造化設計、モジュール設計、オブジェクト指向設計、Webアプリケーション設計、テスト計画、ヒューマンインタ−フェースなど


5 ソフトウエア開発に関すること

プログラミング(C、COBOL、Java、アセンブラ言語、表計算ソフト)、テスト、デバッグなど


6 マネジメントに関すること

(1)プロジェクトマネジメント プロジェクト計画、見積手法、品質管理、スケジュール管理、コスト管理、要員管理、リスク管理など

(2)サービスマネジメント サービスマネジメントプロセス(サービスレベル管理、サービス継続および可用性管理、キャパシティ管理、インシデントおよびサービス要求管理、問題管理、変更管理ほか)、サービスの運用(システム運用管理、運用オペレーション、サービスデスク)など


7 ストラテジに関すること

(1)システム戦略 情報システム戦略(全体システム化計画、業務モデルほか)、業務プロセスの改善(BPRほか)、ソリューションビジネスなど

(2)経営戦略・企業と法務 経営戦略手法(アウトソーシング、競争優位、SWOT分析ほか)、マーケティング(マーケティング理論、マーケティング手法ほか)、企業活動、会計・財務、法務、標準化関連など


出典:情報処理技術者試験 試験要項 Ver1.7

合格基準

 午前、午後の得点が両方とも60点以上(100点満点)であること。

合格率

 合格率は25.8%(平成27年度実績)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。