連載
» 2012年04月26日 00時00分 UPDATE

CCNP対策講座 ROUTE編(4):OSPFのエリアの種類 (1/2)

本連載では、シスコシステムズ(以下、シスコ)が提供するシスコ技術者認定(Cisco Career Certification)から、ネットワーク技術者を認定する資格、CCNP(Cisco Certified Network Professional)のうち、【642-902 ROUTE】を解説します。

[内藤佳弥子,グローバル ナレッジ ネットワーク]

 今回はOSPFにおける、さまざまな「エリア」を紹介します。標準エリア、バックボーンエリア以外のエリアを使用することで、リンクステートデータベースや、ルーティングテーブルのサイズを縮小して、ルータのCPUやメモリの負荷を低くすることができます。

OSPFエリアの種類

 OSPFには、「バックボーンエリア」「標準エリア」「スタブエリア」「トータリースタブエリア」「NSSA(Not-So-Stubbyエリア)」「トータリーNSSAエリア」という6種類のエリアがあります。図1では、例えばエリア1を、スタブエリア、トータリースタブエリア、NSSA、トータリーNSSAエリアなどに設定できます。

図1 さまざまなエリア構成 図1 さまざまなエリア構成

●バックボーンエリア

 複数のエリアでOSPFを動かす場合、必ずバックボーンエリアが必要です。ほかのエリアはバックボーンエリアに物理的に接続している必要があります。エリア間のトラフィックは必ずバックボーンエリアを通過します。バックボーンエリアのエリア番号は0と決まっています。LSAタイプ1〜5が転送されます。

●標準エリア

 バックボーンエリアではない通常のエリアです。LSAタイプ1〜5が転送されます。

●スタブエリア

 標準エリアをスタブエリアとして構成できます。スタブエリアは、非OSPFドメインのネットワークアドレス情報を伝えるLSAタイプ5が転送されません。非OSPFドメインのネットワークアドレス情報はABRによりLSAタイプ3で、デフォルトルートが伝えられます。ASBRは配置することはできません。LSAタイプ1、2、3が転送されます。

●トータリースタブエリア

 スタブエリアよりも、さらにエリア内に転送されるLSAを減少できます。LSAタイプ5が転送されないのに加えて、ほかのエリアのネットワークアドレス情報を伝えるLSAタイプ3は個別に転送されず、ABRによりデフォルトルートが伝えられます。デフォルトルートはLSAタイプ3で転送されます。ASBRは配置することはできません。LSAタイプ1〜3が転送されます。

●NSSA(Not-So-Stubbyエリア)

 NSSAはASBRを配置できるスタブエリアです。非OSPFドメインのネットワークアドレス情報はABRによりLSAタイプ3で、デフォルトルートが伝えられます。

 NSSA内のASBRは、非OSPFドメインのネットワークアドレス情報をタイプ7LSAでNSSA内にフラッディングします。タイプ7LSAはNSSA内だけにフラッディングされるので、NSSA内のABRは、タイプ7LSAをタイプ5LSAに変換して、バックボーンエリアに転送します。

 ただし、デフォルトルートは自動的にアドバタイズされないので、明示的に設定する必要があります。LSAタイプ1〜3、7が転送されます。

●トータリーNSSA

 ASBRを配置できるトータリースタブエリアです。ほかのエリアのネットワークアドレス情報は個別に伝えられず、ABRによりデフォルトルートが伝えられます。デフォルトルートは自動的にアドバタイズされます。

 NSSAと同様、タイプ7LSAが転送されます。NSSA内のABRは、タイプ7LSAをタイプ5LSAに変換して、バックボーンエリアに転送します。LSAタイプ1〜3、7が転送されます。

確認問題1

  • 問題

 インターフェイスが異なるエリアに所属するOSPFルータの種類を1つ選択しなさい。

a.タイプ1
b.タイプ2
c.タイプ3
d.タイプ4
e.タイプ5

  • 正解

 a、b、c

  • 解説

 正解はa、b、cのタイプ1〜3です。LSAタイプ4、5はABRでブロックされます。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

TechTargetジャパン

ホワイトペーパー(TechTargetジャパン)

注目のテーマ

Focus

- PR -

転職/派遣情報を探す

【転職サーチ】SIer/Web企業/新規事業 スマホ開発で、あなたのキャリアを生かす

「派遣・フリーで働くメリット」とは? 活躍する派遣エンジニアの本音

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。