連載
» 2012年07月05日 00時00分 UPDATE

CloudStackによるプライベートクラウド構築術(7):CloudStackとネットワーク機器の連携

CloudStackは、オープンソースベースのIaaSクラウド構築・運用ソフトウェア。使いやすく、機能が充実していることなどから、大規模なデータセンター事業者や組織での導入が相次いでいる。本連載では、このソフトウェアをプライベートクラウド構築に活用する方法を紹介する

[島崎聡史, 大澤日奈子,シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社/クリエーションライン株式会社]

CloudStackのネットワーク構成

 今回はCloudStackとネットワーク機器との連携について紹介します。

 CloudStackではDHCP、NAT、負荷分散, ポート転送などのさまざまなネットワーク機能をクラウドの利用者に提供可能であり、それらの機能を提供するために使用するモジュールを「ネットワークサービスプロバイダ」と呼びます。

 通常はCloudStack標準のVirtual Routerによって、上記のさまざまなネットワーク機能が提供されますが、CloudStack 3.0ではさらにCitrix NetScaler、Juniper SRX、F5 BIG-IPなどのネットワーク機器をネットワークサービスプロバイダとして使用、連携することが可能になっています。今回はCitrix NetScalerとの連携について紹介します。

 NetScalerとの連携を説明する前に、まずCloudStackのネットワーク構成について説明します。CloudStack 3.0には基本ネットワークと拡張ネットワークという、2種類のネットワーク構成モデルがあります。各Zoneはどちらか1つの構成モデルを利用可能です。

基本ネットワーク
単一のネットワークを複数のセキュリティグループ(発信元IPアドレスのフィルタのようなレイヤ3レベルの方法)に分割し、利用者ごとに分離した環境を提供します。

拡張ネットワーク
利用者ごとにVLANによる隔離を行い、それぞれの利用者が展開した仮想マシン(VM)は、利用者ごとに用意されるVirtual Router経由で外部と通信します。柔軟なネットワークの構成が可能となり、Virtual Routerの持つさまざまな機能を活用できます。

図1 基本ネットワークと拡張ネットワーク 図1 基本ネットワークと拡張ネットワーク

 これら2種類の構成モデルに、ネットワークサービスプロバイダとしてNetScalerを追加することで、基本ネットワーク構成時にはElastic IP(Static NAT)やElastic LB(負荷分散)などの機能を追加できます。一方、拡張ネットワーク構成時には、Virtual Routerの代わりにNetScalerに負荷分散の処理を行わせることで、高い性能を提供できます。

図2 Elastic IPとElastic LB 図2 Elastic IPとElastic LB

NetScalerとの連携

 連携可能なネットワーク機器を、ネットワークサービスプロバイダとしてCloudStackに登録すると、CloudStackの管理コンソールからネットワーク機器の設定が可能となり、ネットワーク機器自体の管理コンソールを使用したことのないユーザーでも、ネットワーク機器が提供する機能を簡単に利用することができます。

 以下は、基本ネットワークでElasitc IPやElasitc LBを使用する場合の例です。Elastic IPやElastic LBを使用する際には、Zoneのセットアップ時にCloudStackであらかじめ用意されている DefaultSharedNetscalerEIPandELBNetworkOfferingを選択し、連携先のNetScalerの情報を入力します。

図3 ネットワークオファリングの選択 図3 ネットワークオファリングの選択
図4 NetScalerの設定 図4 NetScalerの設定

 このウィザードに従ってZoneの設定を完了し、NetScalerが登録できると、負荷分散の機能を、NetScalerの管理インターフェイスにアクセスすることなく、CloudStackのネットワークのメニューから設定可能になります。

図5 負荷分散ポリシーの設定 図5 負荷分散ポリシーの設定
図6 負荷分散するインスタンス(VM)の選択 図6 負荷分散するインスタンス(VM)の選択

インストールガイド上級編 - CloudStack 3.0.0 - 3.0.1(Document ID: CTX133196)
http://support.citrix.com/article/CTX133196

管理ガイド - CloudStack 3.0.0(Document ID: CTX132920)
http://support.citrix.com/article/CTX132920

NetScalerの入手方法

 CloudStackとCitrix NetScalerの連携を試したい場合、NetScaler VPX Expressが便利です。Citrix NetScalerには3つのタイプ(SDX、MPX、VPX)があり、SDXとMPXはハードウェア製品ですが、VPXは仮想アプライアンスです。さらにVPXの試用向けエディションであるExpressは、通信帯域の制限(5Mbps)および使用可能な機能の制限(Standard Edition相当)があるものの、無償で利用できるため、検証環境などでシステム構成のイメージを掴むのに適しています。

 NetScaler VPX Expressは、My Citrix(http://www.citrix.com/mycitrix)のダウンロードページからバイナリを入手して使用してください。

 バイナリのダウンロードにはユーザー登録(無償)が必要です。

 VPXは仮想アプライアンスで提供されます。利用したいハイパーバイザに対応したバイナリをダウンロードし、インポートしてください。当記事の執筆時点(CloudStack 3.0.2)ではNetScaler 9.3系との連携が可能です。

 負荷分散を動作させるにはライセンスの適用が必要です。Expressライセンスの入手・適用方法についてはNetScaler VPX簡易稼働検証ガイドを参考にしてください。

NetScaler VPX簡易稼働検証ガイド
http://www.citrix.co.jp/products/pdf/VPX_20091221b.pdf

 今回はNetScalerとの連携を紹介しました。前述のようにCloudStackではNetScalerのほかに、標準のVirtual Router、Juniper SRX、F5 BIG-IPなどのネットワーク機器をサポートしています。下の表はCloudStack標準のVirtual Routerと、現在CloudStackがサポートしている主要ネットワーク機器のそれぞれについて、CloudStackと連携できる機能の一覧です。

図7 CloudStackと連携できる機能 図7 CloudStackと連携できる機能

 Virtual Routerはもっとも多くの機能でCloudStackと連携できる一方、仮想アプライアンスであるため、個々の機能の性能面では物理的なネットワーク装置が優位、というように、さまざまな選択肢から適したものを選べるのがCloudStackの強みとなっています。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

Focus

- PR -

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。