連載
» 2012年08月16日 00時00分 UPDATE

お茶でも飲みながら会計入門(73):エンジニアは日経新聞のどこを読むべきか

意外と知られていない会計の知識。元ITエンジニアの吉田延史氏が、会計用語や事象をシンプルに解説します。お仕事の合間や、ティータイムなど、すき間時間を利用して会計を気軽に学んでいただければと思います。

[吉田延史,公認会計士]

本連載の趣旨について、詳しくは「ITエンジニアになぜ会計は必要なのか」をご覧ください。


 親や先生から「新聞を読みましょう」と、言われ続けてきましたが、子供のころはテレビ欄だけを眺めて育ち、ITエンジニアになってからも、活字に興味が持てずまったく読んでいませんでした。

 こんな私でも、今では日経新聞を欠かさず読んでいます。飽きっぽい私が諦めずに続けているのはひとえに「読んでいて良かった」と思うことが少なからずあるからです。

 そこで、今回は「エンジニアにおすすめする日経新聞の読み方」について紹介します。

エンジニアが読むべきポイント

 日経新聞は社会人全般を対象として発行されていますが、エンジニアが特に読んでおきたいコンテンツがあります。

r5shinbun01.jpg

●法律など、制度改正に関する記事

 消費税率が変更されると、多くの基幹システムが影響を受けます。消費税率はあまりに有名ですが、実は所得税率については、来年1月から上がることになっています。これにより、給与計算において源泉徴収額が変わります。

 システム変更に関わるような法改正・会計基準の改正については、読んでおいて損はないでしょう。

●自社・クライアントが関係している記事

 エンジニアの中には、クライアントに常駐していたり、いろんな担当クライアントを回っている方も多いことでしょう。クライアントや自社に関する記事は、顧客との話題に結構出るため、押さえておきましょう。

 よく登場するのは、業績に関する記事です。「増収なのか、利益が出ているのか」といったあたりを中心に確認していきます。確認する際には、「〜円となる見通しだ」としている予想の記事なのか「〜円だったと発表した」としている発表の記事なのかも注意しておくとよいでしょう。

 少し前、クライアントとの打ち合わせの休憩中に、日経新聞の朝刊に出ていた工場新設計画の話題になりました。クライアントは当然、記事の内容を把握しています。新聞を読んでおいたから、その場できちんと話をすることができました。こういった時に、読んでおいて良かったと思います。

おすすめ連載

 日経新聞は、連載記事をたくさん用意しています。2012年8月現在、毎日掲載されている連載のうち、おすすめのものを紹介します。

r5shinbun02.jpg

●私の履歴書

 経営者やスポーツ選手・大学教授などが、自身のこれまでの半生を1カ月かけてつづる連載です。各世界で名を挙げた人たちが、人生の分岐点で考えたことや、物事に取り組む姿勢を読んで、活力をもらえます。

●交遊抄

 著名人がパワーをもらっている友人について、出会いや関係、感銘を受けた言葉を紹介する連載です。

●大機小機

 匿名コラムニストによるコラムです。日経新聞は基本的に事実を伝える記事が多いですが、このコラムは匿名で主に社外の人が意見を書きます。踏み込んだ記載も見られ、読みごたえのある記事が多いです。

●首相官邸

 これは連載ではありませんが、首相の1日の行動が細かく載っています。何時から何時まで働いているか、どこで誰と会っているのかが見られます。会っている相手が誰かは分からないこともありますが、首相がどのような1日を送っているのかを多少なりともイメージできると思います。

 日経新聞の読み方、いかがでしたでしょうか。社会人は、毎日発行される新聞を何時間もかけて読むわけにはいきません。私がかける時間は30分〜40分です。周りで読んでいる人も同じぐらいのように思います。それではまた。

お知らせ

お茶会計、書籍化!

r5KaikeiCover_fuchi.jpg

ITエンジニアのための会計知識41のきほん

吉田延史(仰星監査法人/公認会計士) 著
インプレスジャパン
2012/02/17
ISBN-10: 4844331485
ISBN-13: 978-4844331483
1575円(税込)

@IT自分戦略研究所の人気連載「お茶でも飲みながら会計入門」が1冊の本になります!

「システムしか知らないエンジニア」と言われないために、身近な実例満載で楽しく教養力アップ!


筆者紹介

r5teakaikei_nobu.jpg

吉田延史(よしだのぶふみ)

京都生まれ。京都大学理学部卒業後、コンピュータの世界に興味を持ち、オービックにネットワークエンジニアとして入社。その後、公認会計士を志し同社を退社。2007年、会計士試験合格。仰星監査法人に入所し現在に至る。共著に「会社経理実務辞典」(日本実業出版社)がある。

イラスト:Ayumi



「お茶でも飲みながら会計入門」バックナンバー

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。