連載
» 2016年06月15日 05時00分 UPDATE

ケーブル&コネクタ図鑑:5BNCコネクタ

「5BNCコネクタ」は、R(赤)/G(緑)/B(青)/H(水平同期)/V(垂直同期)の各映像・同期信号を別々に分離したコネクタだ。

[島田広道,デジタルアドバンテージ]
「ケーブル&コネクタ図鑑」のインデックス

連載目次

ケーブルに付いている5BNCコネクタ ケーブルに付いている5BNCコネクタ
左側の3本のケーブルは、その色が表しているように、赤/緑/青の映像信号をそれぞれ送出する。

機器に搭載されている5BNCコネクタ 機器に搭載されている5BNCコネクタ
赤(Red)、緑(Green)、青(Blue)、水平同期(HD)、垂直同期(HD)の計5個のコネクタをそれぞれ接続する必要がある。コネクタの並びは製品によって異なる。

 5BNCコネクタは、PCからディスプレイへ高画質のアナログ映像信号を送るためのものである。ミニD-Sub 15ピンコネクタと比べて、映像信号の品質が優れていたため、1990年代から2000年代前半にかけて画質優先の高性能CRTディスプレイによく採用された。現在では見かけることは少ない。

5BNCコネクタと、その他のディスプレイ用コネクタとの比較 5BNCコネクタと、その他のディスプレイ用コネクタとの比較
左からアナログRGB 21ピン、D-Sub 15ピン、ミニD-Sub 15ピン、5BNC(青い矢印)。コネクタ数が多いため、取り付け/取り外しは面倒である。当然ながら、小型の機器には搭載されなかった。

← 「ディスプレイ/ビデオ/テレビ用コネクタ」一覧ページに戻る

「ケーブル&コネクタ図鑑」のインデックス

ケーブル&コネクタ図鑑

Copyright© 1999-2017 Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。