連載
» 2016年06月15日 05時00分 UPDATE

ケーブル&コネクタ図鑑:D-Sub 15ピンコネクタ(ディスプレイ用)

「D-Sub 15ピンコネクタ(ディスプレイ用)」は、NEC PC-9801シリーズや(Mac以前の)旧Macintoshシリーズに搭載されている映像信号用コネクタだ。

[島田広道,デジタルアドバンテージ]
「ケーブル&コネクタ図鑑」のインデックス

連載目次

ケーブルに付いているD-Sub 15ピンコネクタ ケーブルに付いているD-Sub 15ピンコネクタ
ミニD-Sub 15ピンコネクタのピンが5×3で並んでいるのに対し、D-Sub 15ピンコネクタでは7〜8×2ピンの並びである。

機器に搭載されているD-Sub 15ピンコネクタ 機器に搭載されているD-Sub 15ピンコネクタ

 D-Sub 15ピンは、NECのPC-9801シリーズや古いMacintoshシリーズで使われていたアナログ映像信号用のコネクタである。1980〜1990年代の製品に搭載されていた。現在ではほとんど見かけることはない。

D-Sub 15ピンコネクタと、その他のディスプレイ用コネクタとの比較 D-Sub 15ピンコネクタと、その他のディスプレイ用コネクタとの比較
左からアナログRGB 21ピン、D-Sub 15ピン(青い矢印)、ミニD-Sub 15ピン、5BNC。コネクタのサイズはアナログRGB 21ピンよりずっと小さいが、ミニD-Sub 15ピンに比べて幅広である。

← 「ディスプレイ/ビデオ/テレビ用コネクタ」一覧ページに戻る

「ケーブル&コネクタ図鑑」のインデックス

ケーブル&コネクタ図鑑

Copyright© 1999-2017 Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。