連載
» 2016年06月15日 05時00分 UPDATE

ケーブル&コネクタ図鑑:F型コネクタ

「F型コネクタ」は、アンテナが受信した信号を映像機器に伝えるためのコネクタだ。「同軸コネクタ」「F端子」とも呼ばれる。映像と音声のアナログ信号を一緒に混ぜて伝送する。

[島田広道,デジタルアドバンテージ]
「ケーブル&コネクタ図鑑」のインデックス

連載目次

ケーブルに付いているF型コネクタ ケーブルに付いているF型コネクタ
金属の円筒の内側にネジを切ってあるF型コネクタもある。

機器に搭載されているF型コネクタ 機器に搭載されているF型コネクタ
このように機器側のコネクタには通常、ネジが切られている。ケーブル側のコネクタにネジ切りがなされていれば、締め込むことでケーブルを機器に固定できる。

 F型コネクタは、アンテナが受信した信号を映像機器に伝えるためのコネクタである。映像と音声それぞれのアナログ信号を一緒に混ぜて伝送する。「同軸コネクタ」「F端子」などと呼ばれることもある。

 以前はアンテナと映像機器の間に限らず、テレビとビデオデッキなど映像機器同士の接続にも利用されていた。だが、より鮮明な映像/音声信号を伝達できるピンプラグ/ピンジャックあるいはS端子などで置き換えられていった。

 ただし、アンテナ入力端子としては、いまでも現役である。

F型コネクタと、その他のディスプレイ用コネクタとの比較 F型コネクタと、その他のディスプレイ用コネクタとの比較
左からF型コネクタ(青い矢印)、ピンプラグ、S端子、コンポーネント端子、D端子。コネクタのサイズは、ピンプラグより一回り大きい。

← 「ディスプレイ/ビデオ/テレビ用コネクタ」一覧ページに戻る

「ケーブル&コネクタ図鑑」のインデックス

ケーブル&コネクタ図鑑

Copyright© 1999-2017 Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。