ニュース
» 2012年10月04日 00時00分 UPDATE

マイクロソフトと協力しWindowsアプリ開発者を支援:Visual Studio環境を仮想デスクトップとして提供、GMO

[高橋睦美,@IT]

 GMOインターネットと日本マイクロソフトは10月4日、Windows 8向けアプリの開発者を対象としたクラウド型開発環境、「お名前.com デスクトップクラウドfor Windowsアプリ」の提供を開始した。

 お名前.com デスクトップクラウドfor Windowsアプリは、Windows Server 2012とVisual Studio Professional 2012を組み合わせた開発環境を仮想デスクトップとして提供し、Windows向けアプリの開発を支援するサービスだ。仮想デスクトップとして開発環境を提供するため、iOSやAndroidなど、Windows以外のプラットフォーム向けにアプリを開発してきた開発者でも、PC環境や初期投資を用意することなくWindowsアプリの開発に取り組めることが特徴。

 また、各種のサンプルソースコードやテンプレート、自習書、開発者向けのナレッジ集なども提供し、スキルアップを支援する。

 お名前.com デスクトップクラウドfor Windowsアプリで提供されるディスク容量は最大100GBで、メモリは2GB〜4GB。初期費用は2100円で、月額料金は6720円からとなっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。